【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三笑亭可楽(八代目) 付き馬

      2015/02/13

Sponsored Link

「居残り佐平次」のような噺ですが、この男は居残ることもなくまんまと勘定を踏み倒し逃げてしまいます。
男が早桶屋に「図抜け大一番小判型」の棺桶を頼んで帰ってしまったあとの早桶屋と吉原の若い衆のかみ合わないやりとりが笑わせます。この噺の別名は「早桶屋」です。

付き馬とは、昔は馬で廓通いをしたそうで馬道の名が残っています。朝、大門の外で勘定の足りない客を馬子が馬に乗せ家までついて来て勘定をもらったそうで、これを馬を引いて帰る、付き馬などといいました。のちには、店の若い衆がついてくるようになったが、「付き馬」、「馬」という名は残りました。

[出典:http://homepage2.nifty.com/8tagarasu]

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 三笑亭可楽(八代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

★三笑亭可楽(八代目)子別れ(上・中下)
三笑亭可楽(八代目)妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三笑亭可楽(八代目)らくだ【十八番】

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

三笑亭可楽(八代目)岸柳島(巌流島)

岸柳島(がんりゅうじま)は古典落語の演目の一つ。 「巌流島」とされる事もある(理 …

三笑亭可楽(八代目) にらみ返し

睨み返し・にらみ返し(にらみかえし)は、古典落語の演目の一つ。原話は、安永6年( …

三笑亭可楽(八代目)猫の災難

隣りの家から鯛の頭を貰った男。これを肴に一杯飲みたいが金がない。そこへ友達がやっ …

三笑亭可楽(八代目)甲府い

あらすじ 甲府育ちの善吉。 早くから両親をなくし、伯父夫婦に育てられたが、今年二 …

三笑亭可楽(八代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

三笑亭可楽(八代目)悋気の見本

あらすじ ある会社の重役が容姿端麗な奥さんをもらった。 ところがこの奥さん、焼き …

三笑亭可楽(八代目)大山詣り

元々は「百人坊主」という上方落語の演目とされるが、滝亭鯉丈の作品で文政4年(西暦 …