【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭円歌(二代目) 四段目(蔵丁稚)

      2018/12/09

Sponsored Link

歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」の四段目のこと。
上方では『蔵丁稚』

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 三遊亭円歌(二代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭円歌(二代目)電報違い

初代三遊亭圓歌作 初代三遊亭圓歌(1876年6月10日 – 1927 …

三遊亭円歌(二代目) 春の雪
三遊亭円歌(二代目)ふぐ鍋(河豚鍋)

もとは上方落語の『ふぐ汁』

三遊亭円歌(二代目)首ったけ

原話は複数ある。 米沢彦八による江戸中期の噺本(はなしぼん)『軽口大矢数』より、 …

三遊亭円歌(二代目)羽団扇(はうちわ)
三遊亭円歌(二代目) てれすこ
三遊亭円歌(二代目) くしゃみ義太夫

『くしゃみ講釈』 の講釈師から義太夫語りに改めた二代目三遊亭円歌の貴重なバージョ …

三遊亭円歌(二代目) 馬大屋

あらすじ 大家・馬場進さんの長屋に借り手がやって来た。 大家は大の馬好きだから、 …

三遊亭円歌(二代目)竜宮界龍の都(竜宮・龍宮)

あらすじ 九州小倉と大坂を往復する船に乗り込んだ男が、三十両の大金を海に落とした …

三遊亭円歌(二代目)呼び出し電話

円歌の兄弟子にあたる三代目三遊亭金馬が、昭和4年頃に「取り次ぎ電話」と題して作っ …