【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目) 江戸の夢

      2015/04/26

Sponsored Link

宇野信夫作

Sponsored Link

庄屋の武兵衛は発句に熱中。娘・テルは奉公人の藤七を婿にして欲しいと母親・オラクに泣いて頼んだ。金比羅詣りのなりをした、氏素性をあかさないのを理由に母親は藤七に反対したが、気立ては良く、良く働き品性が良いので、娘の意向を汲んで11月に祝言を挙げた。娘を可愛がり、親に孝行し、良く働いた。家族にも回りにも信用が付いてきた。
 江戸見物を計画した両親は青葉の頃に行きたいと、藤七に明かした。翌日、家族が心配している中、夜の10時過ぎに帰った藤七に、武兵衛は家を飛び出したのではないかと疑った自分に腹を立てて怒った。話を聞くと遠くまでお茶の木を求めに行ってきたという。日当たりの良いところに茶の木を植えて手を入れていた。家庭も和やかだった。
 江戸見物の前日。藤七が、浅草寺に行くなら、浅草の並木にある奈良屋に寄って、茶の出来栄えを鑑定してもらってほしいと両親にお願いした。若い二人には子供が出来たと両親に打ち明け喜ばれた。

 翌日旅立ち馬喰町の宿に入った。毎日見物に出掛けたが5日も過ぎると飽きてきて、女房に話をすると同じ気持ちになっていた。翌朝、浅草に寄って帰る事にした。
 雷門を出て、武家屋敷に出入りしている大店の奈良屋に寄ると、シンとしていて入口にツバメの巣があった。主人の奈良屋宗味(そうみ)と対面出来た。歳は六十二・三、宗匠頭巾に品のある姿であった。持参した茶を見せると奥にと茶室に案内された。
 藤七が造ったお茶で接待された。この茶を製した婿殿の状況を聞かれたので、6年前の出会いから隠さずに今までの経緯を話した。初孫が出来る事まで話し、酒は下戸で、飲まずに良く尽くしてくれると喜んだ。
 宗味は「この茶は、将軍家に差し上げお褒めを頂いた、私と倅の2人しか知らない秘法です。しかし、奇しくも同じ6年前に・・・、死にました。気立てが良く、まめまめしく働き、機転は利くし、よい男でしたが、酒癖が悪くトラブルを起こし、人を殺める・・・、事まであり、遠いところに行ってしまいました。久しぶりに飲むこのお茶。よくぞ、この秘法を会得なされたと宗味が喜んでいたと、婿殿にお伝え下さい」。

 送られて表に出ると初夏のツバメがツ~ッと飛び交っていた。足早に歩く武兵衛。「つばくらめ いくとせ続く 老舗かな」、お前さん発句どころではないですよ。
 「あの人が藤七の親御さんだったんだね」、「黙って歩け。何にも言うな。」と女房をせき立てて歩くが、まだ頭を下げて宗味が見送っていた。「藤七の常日頃の行儀良さ、言葉使い・・・」、
「あの茶人の息子さんだったんですね・・・」。
「氏(宇治)は争えないものだ」。

[出典:落語の舞台を歩く]
http://ginjo.fc2web.com/119edonoyume/edonoyume.htm

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目) 佐々木政談(池田大助)

あらすじ 嘉永年間に南の町奉行へ、佐々木信濃守と言う方が職につきましたが、調べの …

三遊亭圓生(六代目) 錦の袈裟

上方落語の『袈裟茶屋』の舞台を吉原遊廓に置き換えて東京に移入し、さらに明治期に初 …

三遊亭圓生(六代目)水神

水神は、1963年(昭和38)劇作家・作詞家:菊田一夫が六代目三遊亭圓生のために …

三遊亭圓生(六代目)掛取万歳(かけとりまんざい)

借金をかかえて困り果てた八五郎夫婦。「掛け取り」を追い払うために知恵をしぼった末 …

三遊亭圓生(六代目) 文七元結

あらすじ 左官の長兵衛は、腕は立つのだが、無類のばくち好きが高じて、仕事もせずに …

■三遊亭圓生(六代目) 盃の殿様

あらすじ 西国から参勤交代で江戸にやってきたあるお大名。 ここのところ、過労もあ …

三遊亭圓生(六代目)しの字嫌い

しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語の演目の一つ。上方落語ではしの字丁稚(しのじ …

三遊亭圓生(六代目) 質屋庫(質屋蔵)
■三遊亭圓生(六代目)火事息子

あらすじ 神田の質屋の若旦那は子供の頃から火事が大好きで、火消しになりたくて頭の …

■三遊亭圓生(六代目)死神

↓↓昭和43(1968)年8月22日 人形町末廣の高座。圓生68歳。