【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目) 緑林門松竹(みどりのはやしかどのまつたけ)

      2015/04/28

Sponsored Link

Sponsored Link

圓朝初期の作品。別名「忍岡義賊の隠家」。芝居噺として演じられたという。後にやまと新聞に連載。年齢や年代などの記述はなく地名についても明確でない。悪党の痛快な活躍を楽しむ大活劇。それにしても次々と登場人物が死んでいく。剣術師天城殺しまでが面白い。彦六の正蔵らにより新助市殺し、またかのお関など数席が演じられている。圓朝全集にないやんま久次の件も速記になっている。[出典:http://homepage3.nifty.com/nadokoro/kogai/midori.htm]

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■三遊亭圓生(六代目)死神

↓↓昭和43(1968)年8月22日 人形町末廣の高座。圓生68歳。

三遊亭圓生(六代目)花筏

相撲の親方が、銚子の祭相撲に人気力士の花筏を出す契約をしたが、花筏が病気のため、 …

■三遊亭圓生(六代目) 盃の殿様

あらすじ 西国から参勤交代で江戸にやってきたあるお大名。 ここのところ、過労もあ …

三遊亭圓生(六代目)洒落小町

★聴き比べ ⇒ 立川談志 洒落小町 ガチャガチャのお松とあだ名される騒々しい女房 …

no image
三遊亭圓生(六代目) 四宿の屁(四宿のおなら)

江戸時代、品川、新宿、千住、板橋の四つの岡場所(非公認の遊廓)を四宿といい、吉原 …

三遊亭圓生(六代目)水神

水神は、1963年(昭和38)劇作家・作詞家:菊田一夫が六代目三遊亭圓生のために …

三遊亭圓生(六代目)しの字嫌い

しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語の演目の一つ。上方落語ではしの字丁稚(しのじ …

三遊亭圓生(六代目) 心のともしび(心の灯火)

長屋暮らしで傘張りで生活している浪人。今日もうまのあう町人が遊びに来る。字を教え …

三遊亭圓生(六代目) 一ツ穴
三遊亭圓生(六代目) 江戸の夢

宇野信夫作