【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目) 能狂言

      2015/04/29

Sponsored Link

Sponsored Link

江戸で能狂言を見て気に入った田舎大名が、国元へ帰って家臣に演じて見せるように命じるが、田舎者の家臣達は能狂言を知らないので困惑する。たまたま江戸から旅回りで来ていた二人の噺家に率いられて、出鱈目な能狂言を繰り広げる家臣達の騒動を描いた滑稽話である。
3代目三遊亭圓馬が上方落語から東京の6代目三遊亭圓生へ伝えた。近年では6代目三遊亭圓生しか演じた者はいない。
『疝気の虫』と同様に、「演者が実際に舞台から歩き去る」動作で終わるという珍しい型のサゲとなっている。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Comment

  1. 田中 ヒロ子 より:

    落語、大好きです

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■三遊亭圓生(六代目) 後家殺し

おかみさんが居ないのが好都合だと言い、男が聞き始めた。 表の伊勢屋の後家と常吉は …

■三遊亭圓生(六代目) 雁風呂

水戸黄門様がわずか3人の供を連れて東海道を江戸から上ってきた。遠州掛川に着いた時 …

三遊亭圓生(六代目)首提灯【芸術祭文部大臣賞受賞】

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

八九升(はっくしょう) 放送禁止落語

八九升(はっくしょう)は、古典落語の演目の一つ。 わかりやすい、典型的な滑稽噺で …

三遊亭圓生(六代目) 髪結新三(かみゆいしんざ)上・下 白子屋政談

紀伊国屋文左衛門の番頭であった庄三郎は紀伊国屋が傾いてきたのを察知して独立した。 …

三遊亭圓生(六代目) 質屋庫(質屋蔵)
三遊亭圓生(六代目) 初音の鼓

あらすじ さる殿様のお城に使える三太夫は、来る度に殿に胡散臭いものを売りつける古 …

三遊亭圓生(六代目)二階の間男(二階借り)

『二階借り』は、落語の演目。艶笑物。『茶漬間男』『二階の間男』という題のときもあ …

三遊亭圓生(六代目) 長崎の赤飯(長崎の強飯ながさきのこわめし)

おいおい、よしなよ。 ふッ、莫迦なことを言ってやがる。 そんなことが出来るんなら …

■三遊亭圓生(六代目) 百年目

あらすじ 大店(おおだな)の旦那は番頭に店を任せて商売には口を出さないと言うのが …