【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

【リレー落語】三遊亭圓生~林家正蔵【真景累ヶ淵】

   

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目), 林家彦六(八代目 林家正蔵) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 初音の鼓

あらすじ さる殿様のお城に使える三太夫は、来る度に殿に胡散臭いものを売りつける古 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 猫定

八丁堀玉子屋新道の長屋に住む、魚屋定吉という男。 肩書は魚屋だが、実態は博徒。 …

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
林家彦六(八代目 林家正蔵)菊模様皿山奇談(壱)~親子地蔵の場

かつて将軍家から拝領した菊模様の三十枚の皿、この皿を割った者は指を切るとの遺言が …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
■三遊亭圓生(六代目) ねずみ穴(鼠穴)

川柳川柳が落語家になろうと師匠と決めた縁の一席でございます。 あらすじ 亡くなっ …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 髪結新三(かみゆいしんざ)上・下 白子屋政談

紀伊国屋文左衛門の番頭であった庄三郎は紀伊国屋が傾いてきたのを察知して独立した。 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目)しわい屋(始末の極意)

上方落語の演題は『始末の極意(しまつのごくい)』 あらすじ 演者はまず、以下のよ …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目)永代橋(武兵衛ちがい)

江戸期から高座にかかる生粋の江戸落語なのですが、現代では、あまり高座にかからない …

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
林家彦六(八代目 林家正蔵)生きている小平次

江戸木挽町の山村座から奥州路に旅興行に出ましたが、その中に小役者の小幡小平次(こ …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 操競女学校(みさおくらべおんながっこう)~お里の伝~

Sponsored Link 麹町表三番町に三百石を取る旗本・永井源助は人望にも …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
■三遊亭圓生(六代目) なめる

なめるは、落語の演目の一つ。『今昔物語集』に原型がある艶笑噺。 別題は『重ね菊』 …