【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三笑亭可楽(八代目)悋気の見本

   

Sponsored Link

あらすじ

ある会社の重役が容姿端麗な奥さんをもらった。
ところがこの奥さん、焼き餅を全く焼かず、亭主が外泊をしようが何をしようが文句を言わない。

そうなると、かえってそうした様子が男としては物足りず、少しは焼き餅を焼いてくれないかと、黙って箱根に一週間出かけたりするが、「何かあったら、会社から連絡があるはず」などと言って、意に介さずに、家に残る者達とカルタ取りなどをして遊んでいたりする始末。

こうなると、ますます焼き餅を焼いてもらいたいと思い、嫉妬深い女房をもらった知り合いの家に、夫婦して訪れてみることにした。
思惑通り、その家の女房は、毎晩亭主の帰りが遅いと言って機嫌が悪く、しまいには他の女性から届いた手紙を見つけて、とうとう夫婦喧嘩がはじまった……

(益田太郎冠者作)

Sponsored Link

 - 三笑亭可楽(八代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三笑亭可楽(八代目)文違い(ふみちがい)

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …

★三笑亭可楽(八代目) 子別れ・序(強飯の女郎買い)

あらすじ 町内の大店のご隠居さんの弔いへ出かけた熊五郎。隠居は九十六まで生きて、 …

三笑亭可楽(八代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

三笑亭可楽(八代目) 二番煎じ

原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の …

三笑亭可楽(八代目) にらみ返し

睨み返し・にらみ返し(にらみかえし)は、古典落語の演目の一つ。原話は、安永6年( …

三笑亭可楽(八代目) たちきり

「たちぎれ」もしくは「たちきれ」は、上方落語の演目の一つ。 別名「立ち切れ (た …

三笑亭可楽(八代目) 付き馬

「居残り佐平次」のような噺ですが、この男は居残ることもなくまんまと勘定を踏み倒し …

三笑亭可楽(八代目)笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …

三笑亭可楽(八代目) 石返し

あらすじ 少しばかり頭が薄明状態の松公は、夜なきそば屋のせがれ。 親父の屋台の後 …

三笑亭可楽(八代目)うどん屋

あらすじ 酔っ払いが鼻歌に合わせて、うどん屋の屋台を揺らして倒れそうになった。 …