【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)ロボットしずかちゃん

   

Sponsored Link

 

『ロボットしずかちゃん』は小佐田定雄が1985年に作った新作落語。
主に2代目桂枝雀が演じた。小佐田による原作は日本語だが英語で上演されることもあり、初演は1986年に英語によって行われた。
日本語で上演される前に日本語以外の言語によって初演された、落語史上初めての作品である。

あらすじ

舞台は現代。ある男性が姉に頼まれて、姉の家で留守番をすることになった。新製品が好きな姉の家で様々な家電製品を目にした男性は、音声を発する冷蔵庫やトースターやベッドを見つける。

冷蔵庫は冷気が逃げるのでドアを閉めるように警告し、トースターはパンを焼き上げ、冷めないうちに食べるように忠告する。
ベッドは子守唄を歌い、電灯を消すように警告するだけでなく、充分に睡眠をとったと察知したら音声を発して無理矢理起こす。
電気酒燗器は燗をつける間に1曲歌い、飲んでいるとさらに味の感想を尋ねようとする。

お燗を手に男性が一息つこうとすると、冷蔵庫が警告し、電気酒燗器が次の燗をつけるように急かし、トースターがコンセントを抜くように指示する。
その一方で、エアコンが気温が下がってきたことを察知してスイッチを入れるように指示し、ベッドまでも早く寝るように促す。

男性が何をしたら良いのかわからなくなっていたところに姉が帰ってきて、新しく買ってきた家電製品を見せる。
それは、家電製品の音声による警告を静める機能を持つ小さな女の子のロボットで、「機械的音響浪費調整装置」という正式名称とは別に「しずかちゃん」という愛称を持つ。

さっそく姉が「しずかちゃん」のスイッチを入れると、「しずかちゃん」は騒いでいる家電製品の前に向かい「お静かに」と注意する。
最初は穏便に注意していた「しずかちゃん」だが、やがて調子を強め、最後には一喝する。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)崇徳院

  『崇徳院』(すとくいん)は、古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、後 …

桂枝雀(二代目)植木屋娘

  あらすじ お金持ちの植木屋さん夫婦には一人娘がありました。みつという娘は年頃 …

桂枝雀(二代目)住吉駕籠(住吉駕篭)

  あらすじ 住吉街道で駕籠屋が茶店の前で客に声をかけているある駕籠屋、相棒は新 …

■桂枝雀(二代目)天神山

あらすじ ヘンチキの源助という変わり者。 オマル弁当にしびん酒で花見に出かける。 …

■桂枝雀(二代目)鷺とり(鷺取り)

  鷺とり(さぎとり)は、古典落語の演目の一つ。原話は、寛政3年(1791年)に …

■桂枝雀(二代目)壷算(つぼ算)

壷算(つぼざん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出版さ …

■桂枝雀(二代目)上燗屋

あらすじ 「おやっさん。一杯何ぼやねん、一杯十銭?一杯もらおか」 「ありがとうご …

桂枝雀(二代目)こぶ弁慶

  『こぶ弁慶』(こぶべんけい)は上方落語の演目の一つ。『大津の宿瘤弁慶』とも。 …

■桂枝雀(二代目)鴻池の犬

  鴻池の犬(こうのいけのいぬ)は上方落語の演目の一つ。 あらすじ 商家の軒先に …

桂枝雀(二代目)夏の医者

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、明和2年(176 …