【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭円歌(二代目)竜宮界龍の都(竜宮・龍宮)

   

Sponsored Link

あらすじ

九州小倉と大坂を往復する船に乗り込んだ男が、三十両の大金を海に落としたので、乗り合いの人の大きなガラスのフラスコに入り、潜って探すうちにフラスコが割れ、海底に沈むとそこはなんと竜宮城。
乙姫がこの男を浦島と間違えて歓迎接待を受け、いい気になって楽しんでいると、本物の浦島が亀に乗って現れた。
本物が来たんじゃニセモノがわかっちまう、エラことだとその場を逃げ出す。
そこに現れたのが猩々(しょうじょう)の駕籠屋。

「駕籠賃は少々(猩々)だが、酒手が高い」

Sponsored Link

解説

猩猩、猩々とは、古典書物に記された、中国の伝説上の動物。
人の言葉を理解し酒を好み、日本では赤ら顔に赤色の毛で表し、中国では黄色の毛の生き物と伝わる。

この噺は上方落語では、連作シリーズの「西の旅」の一部で、厳密には金を海に落とすところまでが「小倉船」、そのあと、フラスコで金を探しに海中にもぐるくだりになり、この部分は「フラスコ」または「水中の黄金」「天国旅行」とも呼ばれます。
結びの竜宮のくだりは、上方の別題は「竜宮界竜の都」

※KeyWord ⇒ 竜宮界龍の都/浦島屋/小倉船/龍宮界龍都

Sponsored Link

 - 三遊亭円歌(二代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭円歌(二代目)社長の電話

鈴木みちを作 電話シリーズ・社長シリーズのひとつ 社長は部下を使って今夜は帰宅で …

三遊亭円歌(二代目)馬大家

昭和17年(1942)鈴木凸太作 あらすじ  大家・馬場進さんの長屋に借り手がや …

三遊亭円歌(二代目) 紋三郎稲荷

あらすじ 導入 人を化かす獣の双璧といえば狐と狸。 しかし、丸々とした風貌からど …

三遊亭円歌(二代目) 茶釜の喧嘩
三遊亭円歌(二代目)応挙の幽霊

書画骨とう屋が一人で酒を飲んでいる。そこへ旦那がやってきたので、骨とう屋は、旦那 …

三遊亭円歌(二代目) 巻き返し

長崎抜天作

三遊亭円歌(二代目)ふぐ鍋(河豚鍋)

もとは上方落語の『ふぐ汁』

三遊亭円歌(二代目)七段目
三遊亭円歌(二代目) 山岡角兵衛

『赤穂義士伝』をもとに地噺。別題:角兵衛の女房 これを円歌は、角兵衛の娘にしてい …

三遊亭円歌(二代目) 紺田屋(こんだや)