【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭円歌(二代目) 西行

   

Sponsored Link

関西の摂津・河内・和泉から千人の美女を選び出して、その中から100人選び、その中から10人選び、その中から1人の美女を選んだ。天皇に子供がいなかったので、側室として選んだ。その人が染殿(そめどの)の内侍(ないし)で、たまには外に出て花見がしたいと言い出した。駕籠から見る桜も綺麗だが、その内、菜の花畑になって蝶が3羽舞っていた。

 いつの時代にも品性の悪いのがいて、この時も萩大納言が筆を執って、
 「蝶なれば二つか四つも舞うべきに 三羽舞うとはこれは半なり」 と詠んだのに対し、染殿は意味が分からず、顔を赤らめうつむいていた。そこに義清(のりきよ)が、
  「一羽にて千鳥といへる名もあれば 三羽舞うとも蝶は蝶なり」 と助け船を出した。

 佐藤兵衛尉義清が呼ばれて、飲みかけの杯を直にもらった。美女だと聞いていたので、見上げてみたら震えが止まらないくらい美しかった。その日から恋煩いになって、寝込んでしまった。思っていても帝の御内侍、身分が違いすぎる。しかし、この話が都中に広がり、何時しか染殿の耳にも入った。染殿は言い寄られる事はあったが、こんなナイーブな男は見た事が無いと手紙を書いた。

 義清が見ると、夢にまで見た内侍の御文。 喜んで開けてみると、
 「ひとつこの世にては逢はず、あの世にても逢はず、三世(みよ)過ぎて後、天に花咲き地に実り、人間絶えし後、西方弥陀の浄土で我を待つべし、あなかしこ」 とあった。 万が一落としたりして他人に見られたら困るので、隠し文になっていた。将来西行となる人ですから、この謎が分かった。『この世にては逢わずというから、今夜は逢わないということ、あの世は明の夜だから明日の晩もダメ。三世過ぎて後だから四日目の晩、天に花咲きだから、星の出る項。地に実は、草木も露を含んだ深夜。人間絶えし後は丑三ツ時。西方浄土は、西の方角にある阿弥陀堂で待っていろということだろう』、と気がついた。

 待ちわびていたので早くに行きすぎ、来か疲れ(こずかづかれ)でうたた寝をしてしまった。そこへ内侍が現れ、
 「実あらばいかでまどろまん誠無ければうたた寝をする」。
私の事なんかスキでも無いから寝ちゃったんでしょ。と言われ帰ろうとした内侍に、十二単の裾を掴んで義清が返歌をした。
 「宵は待ち夜中に恨み暁は夢にや見んとしばしまどろむ」と返した。
宵のうちはあなたが来るかと待ちました。夜中になったら貴方は来ないと恨みました。明け方になったら、夢の中だけでも貴方に会いたいと思って、まどろんでいました。と答えた。染殿の怒りも消えて、

 二人の影がひとつになった。

 鶏鳴暁を告げる頃、袖にすがって「染殿またの逢瀬は・・・」、「義清様、阿漕であろう」と、言葉を残して立ち去った。義清どう考えてもこの”あこぎ”が分からなかった。義太夫の素養があれば、
「伊勢の海阿漕(あこぎ)が浦にひく網も度重なれば人もこそ知れ」、と有るのが分かったのですが、それが分からないため髪を下ろして、僧侶から歌の道に入ってしまった。

[出典:落語話>http://rakugonobutai.web.fc2.com/52saigyou/saigyou.html]

Sponsored Link

 - 三遊亭円歌(二代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭円歌(二代目) 質屋庫(質屋蔵)

上方ではヒチヤグラ。原話は安永二年江戸板「近目貫」に載っている「天神」。

三遊亭円歌(二代目)鹿政談

鹿政談(しかせいだん)は古典落語の演目の一つ。 元々は講釈種の上方落語の演目で、 …

三遊亭円歌(二代目) 馬大家

昭和17年(1942)鈴木凸太作 あらすじ  大家・馬場進さんの長屋に借り手がや …

三遊亭円歌(二代目)品川心中【歴史的音源】
三遊亭円歌(二代目)電報違い

初代三遊亭圓歌作 初代三遊亭圓歌(1876年6月10日 – 1927 …

三遊亭円歌(二代目) トラタク
三遊亭円歌(二代目)社長の電話

鈴木みちを作 電話シリーズ・社長シリーズのひとつ 社長は部下を使って今夜は帰宅で …

三遊亭円歌(二代目) 柳の馬場
三遊亭円歌(二代目)首ったけ

原話は複数ある。 米沢彦八による江戸中期の噺本(はなしぼん)『軽口大矢数』より、 …

三遊亭円歌(二代目)竜宮界龍の都(竜宮・龍宮)

あらすじ 九州小倉と大坂を往復する船に乗り込んだ男が、三十両の大金を海に落とした …