【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)三人旅

   

Sponsored Link

三人で旅をしている途中、歩き疲れたので馬でも乗ろうか。

馬賃を値引きして失敗、馬に乗ろうとするが、近くに寄ると馬の背中は意外に高い。

馬をしゃがませろ、梯子か踏み台を持って来いと大騒ぎの後、

馬方の手を借りてどうにか馬には乗ったのだが、

「この馬には首がないぞ」と。

後ろ向きに乗っていたのだが、

「後ろに首が付いているとはそそっかしい馬だ。首を切ってこっちに付け替えろ。

両方に首が付いている馬はいねえか。ちょっと腰を浮かすから馬を回してくれ」

と無茶区茶な要求。

どうにか歩きだしたら馬がつまずいたので、馬方が馬を怒る。

「つまづくんじゃねえや、長え面やがって」

「馬の面が長いのは何故か分かるか、飼葉桶が長くて深いから、面が長くなったんだ」

「へえー、馬より先に飼葉桶があったのけ」

道中飽きさせないのが馬子の腕。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目)嘘つき村

  「神田の千三ツ」(かんだんのせんみつ)と異名を取る、うそつき男。 …

三遊亭金馬(三代目)たがや
三遊亭金馬(三代目)蔵前駕籠

蔵前駕籠(くらまえかご)は古典落語の演目の一つ。 原話は、「今昔物語」第二十八刊 …

三遊亭金馬(三代目)一目上がり(ひとめあがり)

一目上がり(一目上り、ひとめあがり)は古典落語の演目のひとつで、「七福神(しちふ …

三遊亭金馬(三代目) 二人癖(二人ぐせ)

ににんぐせ 一方はどんな話をしていてもすぐ「つまらねぇ」と言いだす男。もう一方の …

三遊亭金馬(三代目)目黒のさんま

あらすじ 秋の遠乗りで、中目黒に出掛けた大名が、百姓家から立ち上る煙に、あの匂い …

三遊亭金馬(三代目)紀州
三遊亭金馬(三代目)弥次郎

『弥次郎』(やじろう)は落語の演目の一つ。 原話は、安永2年(1773年)に刊行 …

三遊亭金馬(三代目)艶笑小噺総まくり
三遊亭金馬(三代目)浮世根問

浮世根問(うきよねどい)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目である。 原 …