【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目) 三人旅

   

Sponsored Link

三人で旅をしている途中、歩き疲れたので馬でも乗ろうか。

馬賃を値引きして失敗、馬に乗ろうとするが、近くに寄ると馬の背中は意外に高い。

馬をしゃがませろ、梯子か踏み台を持って来いと大騒ぎの後、

馬方の手を借りてどうにか馬には乗ったのだが、

「この馬には首がないぞ」と。

後ろ向きに乗っていたのだが、

「後ろに首が付いているとはそそっかしい馬だ。首を切ってこっちに付け替えろ。

両方に首が付いている馬はいねえか。ちょっと腰を浮かすから馬を回してくれ」

と無茶区茶な要求。

どうにか歩きだしたら馬がつまずいたので、馬方が馬を怒る。

「つまづくんじゃねえや、長え面やがって」

「馬の面が長いのは何故か分かるか、飼葉桶が長くて深いから、面が長くなったんだ」

「へえー、馬より先に飼葉桶があったのけ」

道中飽きさせないのが馬子の腕。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
三遊亭金馬(三代目) 花見の仇討

あらすじ 花見の嗜好で仇討ちの芝居をやって受けようじゃねえか、筋書きはこうだ。 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 一目上がり(ひとめあがり)

一目上がり(一目上り、ひとめあがり)は古典落語の演目のひとつで、「七福神(しちふ …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)転失気(てんしき)

体調のすぐれない和尚が診察に訪れた医者から「てんしき」があるかないかを聞かれる。 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)弥次郎

『弥次郎』(やじろう)は落語の演目の一つ。 原話は、安永2年(1773年)に刊行 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
■三遊亭金馬(三代目) 薮入り

藪入り かくばかり偽り多き世の中に子のかわいさは真なりけり」「立てば這え這えば歩 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 山崎屋

山崎屋の若旦那が、通い番頭に、帳簿をごまかして百両貸してくれと頼むが、転んだら石 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)嘘つき村

  「神田の千三ツ」(かんだんのせんみつ)と異名を取る、うそつき男。 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 錦の袈裟

あらすじ 町内の若者たちが吉原へ遊びに行くについて相談をした。 「質屋に何枚か質 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 浮世床

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京で …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)雛鍔(ひなつば)

雛鍔(ひなつば)は古典落語の演目の一つ。 原話は、享保18年(1733年)に出版 …