【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂雀々/猿後家

   

Sponsored Link

猿後家(さるごけ)は、落語の演目のひとつである。元々は上方落語の演目で、東京へは1929年(昭和4年)頃に移入された。
5代目桂文枝、4代目林家小染、桂雀々らの得意ネタ。

あらすじ

何の不自由も無い大店(おおだな)の後家さんが居た。でも、一つだけ気にしているところがあった。
それは少しだけ顔が猿に似ていた。
だから後家さんの前では「さる」とか「えてして」の付く言葉は禁句であった。

ある時、植木屋が庭で仕事をしていると、奥様が出てきて、何か木を植えたいが何が良いかと訪ねると、つい「サルスベリの木」が良いだろうと言ってしまった。一瞬固まった植木屋は土下座して謝ったが、許してもらえずキセルで額を割られてしまった。
怒った植木屋は、こんなに謝っているのを額まで割ってどうしてくれると啖呵を切った。
「サルスベリがやなら、柿の木を植えて、その上でおにぎりでも食べていろ」と捨てぜりふをはいて帰ってしまった。

3日経っても後家さんは怒りが収まらなかった。そこに源さんがやって来て小遣い銭ほしさに奥様に声を掛けた。
「おかみさん~」と部屋に何度も声を掛けたが居ないので帰ろうとするのを、奥様がとがめて
「さっきからここにいるじゃないか」と詰め寄ると
「あ!奥様でしたか。てっきりお千代さんかと思いました」
「やだよ、あの子は京の水で洗われた京美人だろ、それに、まだ十七だよ」
「あ!ホントに奥様だ。そんなに綺麗に化粧しているから間違えたんだ」
「嫌だよ。まだ化粧前だよ」。
(段々と源さんのペースになってきた)女中のお喜代に酒と鰻を用意するように言い付けて
「今日はどうしたんだい」。

源さんが言うには
「女房の親が出てきて東京見物をさせたので懐が寂しくなってしまって……」
「私が幾らだって面倒見てあげるよ」。
「親を連れて、皇居見物をして日比谷から銀座に出て新橋の手前の大きな天ぷら屋で食事をした。
女房の親だから奮発して特上を頼んだ。
それから、泉岳寺に行って靖国神社を見て、上野に出て西郷さんの前で写真を撮って、浅草で観音様を参拝して仲見世を通って、雷門を抜けて人だかりの中を覗くと見事な今は珍しい”猿回し”が居た」。
一瞬両者凍り付いたが、
「この情無しぃ~!」と言う事で、しくじってしまった。

番頭の所で何か良い知恵はないかと訪ねると、
先日仕立屋の田兵衛が来て、話の途中までは良かったが、
子供が芝居のウツボで猿をやる事になった。で、しくじってしまった。
しかし、翌日女房子供を連れてやって来て、奥様に言うには
「江戸にいても奥様にお会い出来なければしょうがないので、転居する」と言う。
その上「子供が道々、錦絵を見つけて『おばちゃんだ。おばちゃんだ!』と離れないので、お別れに、この錦絵に奥様の魂を入れて下さい」と差し出した。
奥様の機嫌は直って、小金もいただき、出入りも許され子供には小遣いも貰って帰って行った。

「番頭さん、本当に似ていたのですか」
「お前、馬鹿な事を聞くな。仕立屋の田兵衛が帰り際、私に片目をつむって行ったよ」。
今からでは錦絵も手に入らないし、どうして良いか分からなかった。
番頭さんに聞くには、日本で一番綺麗な人は”小野小町”であると言う。

奥様の部屋にとって返してお目通りを許して貰おうとしたが、まだカンカンに怒っていた。
「奥様が怒っているのは分かるが、どうして怒っているのかが分からないので、教えて欲しい」と言った。
奥様は怒りが収まらず「雷門を抜けたんだろう。
その先に人だかりがあったのだろう。その中で何をやっていたんだい。」
「はい。皿回しです」
「さ・ら・ま・わ・し??」
奥さまは毒を抜かれてしまった。
「お喜代、酒と鰻はまだかい?」。
「で、晩飯にすき焼きが食べたいというので、食べていたが親が急に『お店(たな)の奥様はどんな人だい?』と聞くので、『そうさな、小野小町のようだ』と答えたんです」
「源さんやだよ、そんな事言っちゃ。小野小町だなんて。お喜代や銀行から壱千万円降ろしておいで。でも、食事中に良くそんな事が出てきたねぇ。源さんは頭が良~んだね」。
「いいえ。ほんの猿知恵デス」。

バリエーション

時間の関係で、源さんが猿回しと言って失敗する部分で切ることが多い。
上方バージョンでは、伊勢参りのついでに奈良見物に行き、『猿沢の池』を見たと言って失敗。
その後、猿沢を「『寒そうな池』と言った」と誤魔化し、おかみさんを『照手姫だ衣通姫だ』と言って取り繕うが、最後で『ようヒヒ(楊貴妃)』と言ってまたしくじってしまう。
後家ではなく番頭が猿に似ているという設定の「お猿の番頭」という噺もある。

[落語でブッダ1-収録]

Sponsored Link

 - 桂雀々 , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂雀々 夢八(夢見の八兵衛)

かつては、初代桂燕枝、二代目桂円枝、二代目笑福亭福円、五代目笑福亭松鶴、戦後は二 …

桂雀々 さくらんぼ(頭山・あたま山)

頭山(あたまやま)は落語の演目の一つ。「頭山」は江戸落語での名称で、上方落語では …

桂雀々 田楽喰い(ん廻し)
桂雀々 鶴満寺

陽気がようなってくると、出てまいりますのが花見の御連中さん。大阪は船場あたりの旦 …

桂雀々 鯉舟

あらすじ さる御大家の若旦那、船を一艘仕立てまして、どこぞへお出まし、というよう …

■桂雀々/手水廻し

地方の宿屋に泊まった大阪の客、部屋で顔を洗おうと「手水を廻してくれ」と願うが、宿 …

桂雀々 遺言
桂雀々/がまの油(蝦蟇の油)

蝦蟇の油(がまのあぶら)は 古典落語の演目の一つ。「ガマの油」を売る香具師を主人 …

桂雀々 鷺とり