【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)佐々木裁き(佐々木政談)

      2019/02/26

Sponsored Link

あらすじ

大坂西町奉行佐々木信濃守が市中の見回りをしていると、安綿橋橋詰の住友の浜で子供達が遊んでいる様子が目にとまった。
二人の子供が荒縄で縛られており、そこに「佐々木信濃守」と名乗る奉行役の一人の男子が登場し、奉行ごっこがはじまったのだ。
奉行役の子供が、喧嘩の原因を探り、子供ながらに見事に事を収めたことに感心した本物の佐々木信濃守は、下役に親子共々奉行所に出頭するように命じた。
親子が戦々恐々と奉行所に参じると、待ち構えていた信濃守が桶屋のせがれ四郎吉に難問を出し始めた。
ところが四郎吉はそんなのは何でもないとばかりに、次々にとんちで返してしまう……

解説

東京で言う「佐々木政談」だが、元来は三代目笑福亭松鶴の作といわれる上方落語である。
噺の中に登場する「佐々木信濃守」は実在した人物で、江戸時代後期に旗本家来から旗本にまで登り詰め、勘定奉行や町奉行などを歴任した出世人。
大阪では東町奉行を務めたが、噺の中では西町奉行として据えられている。
落語の中に出てくる子供というとこましゃくれた者が多く、この噺でも奉行所から呼び出しがあっても、信濃守を前にしても、その態度を全く変えないでいる様子が面白い。
信濃守は苦労人であっただけに、町々の事情に目を配ることを忘れず、有能な人材がいれば民間からでも登用をしようという考えを持っていたのではとも想像できよう。
信濃守と四郎吉とのやり取りは「一休さん」をはじめとした頓知物でも知られるが、そうした言葉遊びがまた落語の原型になっているということも、こうした落語からうかがい知ることができる。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂枝雀(二代目)蛇含草

あらすじ 夏のある日。一人の男が甚平を着て友人(東京では隠居)の家に遊びに行った …

■桂枝雀(二代目)三十石夢乃通路

概要 『三十石』(さんじっこく)または『三十石夢乃通路』(さんじっこくゆめのかよ …

桂枝雀(二代目)ロボットしずかちゃん

  『ロボットしずかちゃん』は小佐田定雄が1985年に作った新作落語。主に2代目 …

桂枝雀(二代目)崇徳院

  『崇徳院』(すとくいん)は、古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、後 …

桂枝雀(二代目)住吉駕籠(住吉駕篭)

  あらすじ 住吉街道で駕籠屋が茶店の前で客に声をかけているある駕籠屋、相棒は新 …

■桂枝雀(二代目)壷算(つぼ算)

壷算(つぼざん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出版さ …

桂枝雀(二代目)つる

  つるは落語の演目の一つ。古典落語。元は「絵根問」という噺の最後の部分だったが …

■桂枝雀(二代目)阿弥陀池(新聞記事)

『新聞記事』(しんぶんきじ)・『阿弥陀池』(あみだいけ・あみだがいけ)は古典落語 …

桂枝雀(二代目)七度狐

『七度狐』(しちどぎつね/ななたびきつね)または『七度狐庵寺潰し』(しちどぎつね …

桂枝雀(二代目)いらちの愛宕詣り

いらちの愛宕詣り(いらちのあたごまいり)は上方落語の演目の一つ。 東京に移植され …