【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)佐々木裁き(佐々木政談)

      2019/02/26

Sponsored Link

あらすじ

大坂西町奉行佐々木信濃守が市中の見回りをしていると、安綿橋橋詰の住友の浜で子供達が遊んでいる様子が目にとまった。
二人の子供が荒縄で縛られており、そこに「佐々木信濃守」と名乗る奉行役の一人の男子が登場し、奉行ごっこがはじまったのだ。
奉行役の子供が、喧嘩の原因を探り、子供ながらに見事に事を収めたことに感心した本物の佐々木信濃守は、下役に親子共々奉行所に出頭するように命じた。
親子が戦々恐々と奉行所に参じると、待ち構えていた信濃守が桶屋のせがれ四郎吉に難問を出し始めた。
ところが四郎吉はそんなのは何でもないとばかりに、次々にとんちで返してしまう……

解説

東京で言う「佐々木政談」だが、元来は三代目笑福亭松鶴の作といわれる上方落語である。
噺の中に登場する「佐々木信濃守」は実在した人物で、江戸時代後期に旗本家来から旗本にまで登り詰め、勘定奉行や町奉行などを歴任した出世人。
大阪では東町奉行を務めたが、噺の中では西町奉行として据えられている。
落語の中に出てくる子供というとこましゃくれた者が多く、この噺でも奉行所から呼び出しがあっても、信濃守を前にしても、その態度を全く変えないでいる様子が面白い。
信濃守は苦労人であっただけに、町々の事情に目を配ることを忘れず、有能な人材がいれば民間からでも登用をしようという考えを持っていたのではとも想像できよう。
信濃守と四郎吉とのやり取りは「一休さん」をはじめとした頓知物でも知られるが、そうした言葉遊びがまた落語の原型になっているということも、こうした落語からうかがい知ることができる。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)猫

あらすじ わたしは猫です。 名前を五郎といい、っちゅうか、今の飼い主の付けた名が …

桂枝雀(二代目)親子茶屋(夜桜)

親子茶屋(おやこぢゃや)は古典落語の演目の一つ。 上方落語の演目である。『滑稽噺 …

桂枝雀(二代目)鉄砲勇助(嘘つき村)

  『鉄砲勇助』は1773年(安永2年)に刊行された笑話本『口拍子』の一編「角力 …

桂枝雀(二代目)次の御用日

次の御用日(つぎのごようび)は上方落語の演目の一つ。 江戸落語では「しゃっくり政 …

■桂枝雀(二代目)愛宕山

『愛宕山』(あたごやま)は、古典落語の演目。上方落語の演目の一つである。 春山の …

桂枝雀(二代目)蔵丁稚(四段目)

『四段目』(よだんめ)は、古典落語の演目の一つ。上方では『蔵丁稚』(くらでっち) …

桂枝雀(二代目)崇徳院

  『崇徳院』(すとくいん)は、古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、後 …

桂枝雀(二代目)道具屋

道具屋(どうぐや)は古典落語の演目の一つ。 古くからある小咄を集めて、一席の落語 …

桂枝雀(二代目)親子酒

親子酒(おやこざけ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は上方の初代露の五郎兵衛が宝 …

桂枝雀(二代目)ひつじ(干支落語シリーズ1991辛未)

桂枝雀 ひつじ 原作:小佐田定雄氏、「干支落語シリーズ1991」 「叔父さん、ほ …