【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志/清正公酒屋(せいしょうこうさかや)

      2021/12/26

Sponsored Link

縁結び浮名の恋風

酒屋の一人息子の清七は、水も滴るいい男。町内きっての美男子だった。他方、饅頭屋の一人娘のおなかは、町内きっての小町娘と噂も高い美人だった。
この二人が、人目を忍んだ深い仲になる。
清七は親を説得して、一緒にさせてくれと頼むが、親同士仲が悪いから、了解してくれない。おなかの親も、彼女を親戚に預けて、遠ざけてしまう。
そうすれば、ますます強まる恋心。二人は思い余って、大川への心中を決意する。
おなかは先に川に飛び込み、清七も飛び込もうとすると、その襟首を捕まえて、押えた者がいた。
蛇の目の紋の烏帽子兜で、鎧姿の清正公だった(ように見えた。あるいは亡霊)。
清七はびっくり
「私を助けて頂きますなら、彼女も助けてください」
「それはまかりならん。俺の敵の饅頭屋の娘だから」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志/蜀山人(しょくさんじん)

蜀山人こと大田 南畝 大田 南畝(おおた なんぽ、寛延2年3月3日(1749年4 …

★立川談志/妲己のお百(だっきのおひゃく)

あらすじ 『妲己のお百』とあだ名されるとんでもない悪女は、今は美濃屋の小さんとし …

立川談志/羽団扇(はうちわ)

あらすじ 正月の2日になると七福神の刷り物を「おたから、お宝」と売りに来た。 そ …

立川談志/権兵衛狸
★立川談志/ねずみ穴(鼠穴)

あらすじ 竹次郎が江戸の兄のところに訪ねてきた。 竹次郎は遺産の大部分を茶屋酒と …

立川談志/らくだ

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

立川談志/浮世根問
立川談志/へっつい幽霊

竃幽霊(へっついゆうれい)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永2年(1773年) …

立川談志/山号寺号(さんごうじごう)

山号寺号(さんごうじごう)は、落語の演目の一つ。 別名『恵方参り』ともいう。 ま …

立川談志/木乃伊取り

あらすじ 集金の金を持って若旦那が2~3日帰ってこなかった。 調べると吉原の角海 …