【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)疝気の虫

      2021/12/07

Sponsored Link

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話本・「即答笑合」の一遍である『疝鬼』。
主な演者には、初代三遊亭遊三や5代目古今亭志ん生、桂雀々などがいる。

あらすじ

変な虫を見つけた医者。つぶそうとすると、なんと虫が口をきく。
虫の告白によると、彼は『疝気の虫』といい、人の腹の中で暴れ、筋を引っ張って苦しめるのを職業にしているという。
「実は、私どもは蕎麦が大好物でして…。口にすると、つい、力が出て暴れたくなってしまうのです」
「困った奴だな…」
「でも、実は私らには苦手なものがありましてね」
「苦手な物? 何だ、それは。教えないと…」
「唐辛子です! 蕎麦の薬味に入れる…。あれが体にかかると、腐って死んでしまうんです」
「なるほど。だから、蕎麦には唐辛子がつき物なのかな。それで?」
「腐ると困りますから、唐辛子が来たら別荘のほうへ逃げます」
「別荘? 何処だい?」
男性の、下のほうでブラブラしている奴…。それが別荘なのだとか。
「いいかい。お前たちは、人間の体に間借りしている借家人みたいなものじゃないか。それなのに、お…お? 夢か」居眠りの夢だった。
そこに丁度、疝気に悩んでいる人から往診の依頼が入り、「これはいいことを聞いた」と先生張り切って出かけていった。
「まず、蕎麦を用意してください。用意が出来たら、旦那様にその匂いをかがせながら、貴女が食べてくださいな」と患者の妻に伝える。
疝気の虫は蕎麦の匂いがするので、勇気百倍。
すぐ亭主からかみさんの体に乗り移り、腹の中で大暴れするので、今度はかみさんの方が七転八倒。
「イタ…イタタタタ…」
「おかみさん、唐辛子を溶かした水を飲んでください」
「そんな、金魚が目を回したんじゃないんだから…」
「いいから、早く!!」
唐辛子と聞いて仰天した虫は急いで逃げ込もうと、一目散に腹を下る。
「別荘…別荘…」
※そこで噺家は首をひねり、キョロキョロしながら退場する。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)化け物使い

あらすじ 本所の割り下水に住む元武家の吉田さんは人使いの荒い隠居で有名であった。 …

古今亭志ん生(五代目)そば清(蛇含草)

別題:蕎麦の羽織/蕎麦の清兵衛 東京の3代目桂三木助が、『蛇含草』の登場人物と主 …

古今亭志ん生(五代目)品川心中

聴き比べ⇒⇒古今亭志ん朝 品川心中

古今亭志ん生(五代目)紙入れ

解説 間男噺で『風呂敷』とよく似ている。やり方によっては艶笑的になるが、それが嫌 …

古今亭志ん生(五代目)弥次郎(うそつき弥次郎)

上方落語の演目『鉄砲勇助(嘘つき村)』の前半部を独立させ、「安珍・清姫伝説」を下 …

古今亭志ん生(五代目)探偵うどん

探偵うどん(たんていうどん)は古典落語の演目の一つ。 元々は『警察うどん』という …

古今亭志ん生(五代目)紀州

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。 原話は、松浦静山が文政4年(1821年 …

古今亭志ん生(五代目)お直し【文部大臣賞に燦然と輝く郭噺】

1956年(昭和31年)12月、『お直し』の口演で文部省芸術祭賞(文部大臣賞)を …

古今亭志ん生(五代目)しじみ売り(蜆売り)
古今亭志ん生(五代目)たがや

たが屋(たがや)は、落語の演目の一つ。原話は不明だが、江戸時代から高座にかけられ …