【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)三味線栗毛

      2018/08/02

Sponsored Link

あらすじ

老中筆頭、酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)の次男坊・角三郎は、ちょくちょく下々に出入りするので親父から疎んじられ、五十石の捨て扶持をもらって大塚鶏声ヶ窪の下屋敷で部屋住みの身。

そうでなくとも次男以下は、養子にでも行かない限り、一生日の目は見ない。
ところが角三郎、生まれつきののんき者で、人生を楽しむ主義なので、いっこうにそんな事は気にしない。

あしたは上野の広小路、あさっては浅草の広小路と、毎日遊興三昧。
今日も両国で一膳飯屋に入ったと言って、用人の清水吉兵衛にしかられ、あんまを呼んであるのでお早くお休みを、と、せきたてられる。

今日呼んだあんま、名を錦木という。
療治がうまくて話がおもしろいので、角三郎はいっぺんに気に入り、いろいろ世間話をするうち、あんまにも位があって、座頭、匂頭(こうとう)、検校(けんぎょう)の順になり、座頭になるには十両、匂頭では百両、検校になるためには千両の上納金を納めなければならないことを聞く。

錦木は、とても匂頭や検校は望みの外だから、金をためてせめて座頭の位をもらうのが一生の望みだ、と話す。
雨が降って仕事がない時はよく寄席に行くと言って、落語まで披露するので、角三郎は大喜び。
その上、あなたは必ず大名になれる骨格ですと言われたから、冗談半分に「もし、おれが大名になったら、きさまを検校にしてやる」と約束した。

錦木は真に受けて、喜んで帰っていった。
そのうち錦木は大病にかかり、一月も寝込んでしまう。
見舞いに来た安兵衛に、「あの下屋敷の酒井の若さまが、おやじが隠居、兄貴の与五郎が病身とあって、思いがけなく家を継ぐことになった」という話を聞き、飛び上がって布団から跳ね出す。

早速、今は酒井雅楽頭となって上屋敷に移った角三郎のところにかけつけると「錦木か、懐かしいな。
武士に二言はないぞ」と、約束通り検校にしてくれた。
ある日、出世した、今は錦木検校が酒井雅楽頭にご機嫌伺いに来る。
雅楽頭は、このほど南部産の栗毛の良馬を手に入れ、三味線と名づけたと話す。
駿馬(しゅんめ)にしては軟弱な名前なので、錦木がそのいわれを聞いてみた。

「雅楽頭が乗るから三味線だ」

「それでは、家来が乗りましたら?」

「バチが当たるぞ」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)半分垢

あらすじ 江戸時代、江戸の力士が上方へ、あるいは上方の力士が江戸へ来て修行をする …

古今亭志ん生(五代目)首ったけ

いくら、廓(くるわ)で女郎に振られて怒るのは野暮(やぼ)だといっても、がまんでき …

古今亭志ん生(五代目) 真田小僧

前座噺とし使う場合は、サゲまでやらずに途中で切ることが多い。志ん生が、前座の頃の …

古今亭志ん生(五代目) 庚申待(こうしんまち)~宿屋の仇討

宿屋仇(やどやがたき)は上方落語の演目の一つ。「日本橋宿屋仇」とも言う。 東京で …

古今亭志ん生(五代目)厩火事(うまやかじ)

厩火事(うまやかじ)は落語の演目の一つ。別名を「厩焼けたり」ともいう。 題名はネ …

古今亭志ん生(五代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

古今亭志ん生(五代目)狸賽(たぬさい・たぬき)

あらすじ あるバクチ打ちの男。 誰か夜中に訪ねてきたので開けてみると、何と子狸。 …

古今亭志ん生(五代目) 氏子中(町内の若い衆)

あらすじ ・氏子中(うじこじゅう) ある日、商用で出かけた亭主が出先から帰宅する …

古今亭志ん生(五代目) 黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

古今亭志ん生(五代目) 吉原風景