【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)三味線栗毛

      2018/08/02

Sponsored Link

あらすじ

老中筆頭、酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)の次男坊・角三郎は、ちょくちょく下々に出入りするので親父から疎んじられ、五十石の捨て扶持をもらって大塚鶏声ヶ窪の下屋敷で部屋住みの身。

そうでなくとも次男以下は、養子にでも行かない限り、一生日の目は見ない。
ところが角三郎、生まれつきののんき者で、人生を楽しむ主義なので、いっこうにそんな事は気にしない。

あしたは上野の広小路、あさっては浅草の広小路と、毎日遊興三昧。
今日も両国で一膳飯屋に入ったと言って、用人の清水吉兵衛にしかられ、あんまを呼んであるのでお早くお休みを、と、せきたてられる。

今日呼んだあんま、名を錦木という。
療治がうまくて話がおもしろいので、角三郎はいっぺんに気に入り、いろいろ世間話をするうち、あんまにも位があって、座頭、匂頭(こうとう)、検校(けんぎょう)の順になり、座頭になるには十両、匂頭では百両、検校になるためには千両の上納金を納めなければならないことを聞く。

錦木は、とても匂頭や検校は望みの外だから、金をためてせめて座頭の位をもらうのが一生の望みだ、と話す。
雨が降って仕事がない時はよく寄席に行くと言って、落語まで披露するので、角三郎は大喜び。
その上、あなたは必ず大名になれる骨格ですと言われたから、冗談半分に「もし、おれが大名になったら、きさまを検校にしてやる」と約束した。

錦木は真に受けて、喜んで帰っていった。
そのうち錦木は大病にかかり、一月も寝込んでしまう。
見舞いに来た安兵衛に、「あの下屋敷の酒井の若さまが、おやじが隠居、兄貴の与五郎が病身とあって、思いがけなく家を継ぐことになった」という話を聞き、飛び上がって布団から跳ね出す。

早速、今は酒井雅楽頭となって上屋敷に移った角三郎のところにかけつけると「錦木か、懐かしいな。
武士に二言はないぞ」と、約束通り検校にしてくれた。
ある日、出世した、今は錦木検校が酒井雅楽頭にご機嫌伺いに来る。
雅楽頭は、このほど南部産の栗毛の良馬を手に入れ、三味線と名づけたと話す。
駿馬(しゅんめ)にしては軟弱な名前なので、錦木がそのいわれを聞いてみた。

「雅楽頭が乗るから三味線だ」

「それでは、家来が乗りましたら?」

「バチが当たるぞ」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)素人相撲

ある男が相撲に出てみないかと勧められて、オレは大関だと豪語している。 こういうの …

古今亭志ん生(五代目)中村仲蔵

あらすじ 明和3(1766)年のこと。 苦労の末、名題に昇進にした中村仲蔵は、「 …

古今亭志ん生(五代目)強情灸

強情灸(ごうじょうきゅう)は古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の『やいと丁稚 …

古今亭志ん生(五代目) 芝浜

※古今亭志ん生は「長々(風景描写を)やっちゃあ、夢にならねえ」との持論で、財布を …

■古今亭志ん生(五代目)岸柳島(巌流島)

岸柳島(がんりゅうじま)は古典落語の演目の一つ。 「巌流島」とされる事もある(理 …

古今亭志ん生(五代目)文違い

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …

古今亭志ん生(五代目) 疝気の虫

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …

古今亭志ん生(五代目) 三軒長屋(前・後)

三軒長屋(さんげんながや)は落語の演目の一つ。 原話は中国の明代に書かれた笑話本 …

古今亭志ん生(五代目)後生鰻

あらすじ さる大家の主人、すでにせがれに家督を譲って隠居の身だが、これが大変な信 …

古今亭志ん生(五代目)探偵うどん

探偵うどん(たんていうどん)は古典落語の演目の一つ。 元々は『警察うどん』という …