【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志/芝浜

   

Sponsored Link

三木助に対しては概ね好意的である7代目立川談志も「三木助さんの芝浜は好き嫌いでいえば嫌でした。
安藤鶴夫みたいなヤツのことを聞いて、変に文学的にしようとしている嫌らしさがある」「芭蕉と言わずに翁の句という」と批評している。
(バンブームック1 立川談志「芝浜」より)

●女房の造形
「実は大金を拾ったのは現実だった。あたしが嘘をついた」と、最後に衝撃の告白をする女房。この女房をどの様な人物として造形するか、これも重要である。
自堕落な亭主を見事に更生させる、立派な女房として描かれる場合が殆んどである。
それを聴き手は「実に偉い女房だ」「これこそ文句無しに素晴らしい夫婦愛だ」と賞賛する。
しかし、この演出法に対しては、「わざわざ更生させる為に嘘をついてやったのだ、と言わんばかりで、その偉ぶり具合が鼻につく」として嫌う意見もある。

これとは正反対に7代目立川談志の型では、告白の時に「騙して申し訳無い」と心から謝罪して涙を流す、偉ぶらない女房として造形する。
反骨家の談志らしいアンチテーゼと言える。
談志は三木助版を意識し、風景描写さえもなくすような演出を行ったこともある。

Sponsored Link

 - 立川談志 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志/権兵衛狸
立川談志/笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …

立川談志 ぞろぞろ(1983年)

演目:『ぞろぞろ』について http://rakugo-channel.tsuv …

立川談志 黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

立川談志/ぞろぞろ(1969年)

7代目(ただし自称5代目)立川 談志(1936年〈昭和11年〉1月2日 &#82 …

立川談志 慶安太平記~吉田の焼き討ち
立川談志 首提灯

2010年4月13日8か月ぶりに高座に復帰し『首提灯』を披露した。 8ヵ月にわた …

■立川談志 紺屋高尾

あらすじ 神田紺屋町、染物屋の吉兵衛さんの職人で久蔵さんが寝付いてしまった。 話 …

立川談志 阿武松

あらすじ 京橋観世新道に住む武隈文右衛門という幕内関取の所に、名主の紹介状を持っ …

立川談志 二番煎じ

あらすじ 冬になると火事が多い江戸のこと、夜回りをしようということになり、旦那衆 …