【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)締め込み

   

Sponsored Link

泥棒をシテ役とする噺は、この噺をはじめ、やかん泥/夏泥/穴泥/芋泥/もぐら泥/花色木綿/釜泥/だくだく/つづら泥…など数多くあるが、明治中期ごろまではもっと多くの「泥棒もの」の噺が多く高座にかけられていた。

これらの噺に登場のどろぼうはいずれもがお人好しで、憎めない連中である。

とりわけこの『締め込み』は変化に富んだ内容といい、上出来のサゲといい、優れた構成の作品で『泥棒もの』の代表的な噺である。
同時に、噺の出来た江戸後期の世相一端を物語っているので、その点でも興味深い噺である。

原話は、享和2年(1802年)に出版された笑話本「新撰勧進話」の一遍「末しら浪」(500字ほどの小咄)を参考にして、落語寄席が始まって間もない頃作られた噺である。

三代目柳家小さんが、上方噺『盗人の仲裁』を移入して笑いを多くし、心理的にも奥行きの深い洗練された口演となる。
原話にはない、夫婦げんかの原因である泥棒の風呂敷包みの筋立ては、後代の脚色である。

本来のサゲは、
「…泥棒が家ン中にいるのに、家ン中に締りをしたってしょうがねえじゃねえか、なあ、外にこう廻って表から心張りをかえ、なあ、それで泥棒を締め込んどけぇ」
となるが、志ん生のこの音源では、噺の途中でサゲている。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)宮戸川(お花半七馴れ初め)
古今亭志ん生(五代目)泣き塩(焼き塩)

泣き塩(なきしお)は、元々は上方落語の演目で、3代目桂文団治が得意としていた。狂 …

古今亭志ん生(五代目)江島屋騒動(えじまやそうどう)

あらすじ 深川の佐賀町に住む、倉岡元庵と言う医者が亡くなった。 残された女房のお …

古今亭志ん生(五代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

★古今亭志ん生(五代目)たいこ腹(幇間腹・太鼓腹)

たいこ腹(たいこばら)は、古典落語の演目の一つ。 別題は『幇間腹』。原話は、安永 …

古今亭志ん生(五代目) 氏子中(町内の若い衆)

あらすじ ・氏子中(うじこじゅう) ある日、商用で出かけた亭主が出先から帰宅する …

古今亭志ん生(五代目)紀州

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。 原話は、松浦静山が文政4年(1821年 …

古今亭志ん生(五代目)祇園祭(祇園会)

『祇園会』(ぎおんえ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、天保年間に出版された笑話 …

古今亭志ん生(五代目)半分垢

あらすじ 江戸時代、江戸の力士が上方へ、あるいは上方の力士が江戸へ来て修行をする …

古今亭志ん生(五代目)一眼国

両国界隈には、多くの商人や見世物小屋が林立しており、インチキも多かった。 人の子 …