【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)締め込み

   

Sponsored Link

泥棒をシテ役とする噺は、この噺をはじめ、やかん泥/夏泥/穴泥/芋泥/もぐら泥/花色木綿/釜泥/だくだく/つづら泥…など数多くあるが、明治中期ごろまではもっと多くの「泥棒もの」の噺が多く高座にかけられていた。

これらの噺に登場のどろぼうはいずれもがお人好しで、憎めない連中である。

とりわけこの『締め込み』は変化に富んだ内容といい、上出来のサゲといい、優れた構成の作品で『泥棒もの』の代表的な噺である。
同時に、噺の出来た江戸後期の世相一端を物語っているので、その点でも興味深い噺である。

原話は、享和2年(1802年)に出版された笑話本「新撰勧進話」の一遍「末しら浪」(500字ほどの小咄)を参考にして、落語寄席が始まって間もない頃作られた噺である。

三代目柳家小さんが、上方噺『盗人の仲裁』を移入して笑いを多くし、心理的にも奥行きの深い洗練された口演となる。
原話にはない、夫婦げんかの原因である泥棒の風呂敷包みの筋立ては、後代の脚色である。

本来のサゲは、
「…泥棒が家ン中にいるのに、家ン中に締りをしたってしょうがねえじゃねえか、なあ、外にこう廻って表から心張りをかえ、なあ、それで泥棒を締め込んどけぇ」
となるが、志ん生のこの音源では、噺の途中でサゲている。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)お茶汲み

狂言『墨塗女』をもとに軽口噺『墨ぬり』が出来る。上方落語では『黒玉つぶし』で演じ …

古今亭志ん生(五代目)井戸の茶碗

井戸の茶碗(いどのちゃわん)は古典落語の演目。井戸茶碗とは当時珍重された高麗茶碗 …

古今亭志ん生(五代目)蒟蒻問答(こんにゃく問答)

あらすじ 八王子在のある古寺は、長年住職のなり手がなく、荒れるに任されている。 …

古今亭志ん生(五代目)粗忽の使者(尻ひねり)

※昭和36年(1961年)9月1日録音

■古今亭志ん生(五代目) 昭和39年(1964年) 74歳の映像

志ん生が74歳の時に紫綬褒章を受章した後、NHKのスタジオで「鰍沢」を演じた後の …

古今亭志ん生(五代目)宮戸川(お花半七馴れ初め)
古今亭志ん生(五代目)紙入れ

解説 間男噺で『風呂敷』とよく似ている。やり方によっては艶笑的になるが、それが嫌 …

古今亭志ん生「で、この~酒の問題ですがねぇ・・・」

語り:小沢昭一

古今亭志ん生(五代目)後生鰻

あらすじ さる大家の主人、すでにせがれに家督を譲って隠居の身だが、これが大変な信 …

古今亭志ん生(五代目) 粟田口(あわだぐち)

刀屋の番頭・重三郎は、主人に止められていたのに酒に酔ってしまい、金森家の家宝であ …