【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志/品川心中(上・下)

   

Sponsored Link

品川心中(上)

品川の白木屋という見世でずっと板頭(いたがしら=筆頭女郎)を張ってきたお染。
寄る年波(?)には勝てず、板頭とは名ばかり。次第に客も減り、目前に迫る紋日のために必要な四十両を用立ててくれそうなパトロンもない。
勝気な女だけに、恥をかくくらいならいっそ死んでしまおうと決心したが、一人より二人の方が、心中と浮名が立ち、死に花が咲くから、適当な道連れはいないかとなじみ帳を調べると、目に止まったのが神田の貸本屋の金蔵。
独り者だし馬鹿で大食らいで助平で欲張り。あんな奴ァ殺した方が世のためと、「これにきーめた」。勝手に決められちまった。

さっそく金蔵に、身の上の相談事があるから、ぜひぜひ来てほしいという手紙がいく。
お染に岡惚れしている金蔵は、手紙を押しいただくと喜んで品川にすっ飛んでくる。
ところが、当のお染が廻しに出たままなかなか帰らず、金蔵がふてくされて寝たふりをしていると、いつの間にか戻ってきたお染、なんと自分の遺書を認めているので仰天。家にあるもの一切合切たたき売っても、金蔵にこしらえられる金はせいぜい一両がいいとこ。どうにもならないというので、つねづね年季が明けたら夫婦になると言っている手前、つい、一緒に死んでやると言ってしまった。お染はしてやったりと大喜びで、早速明日の晩決行と決まる。
この世の名残と、お染がその晩張り切ってサービスしたため、金蔵はもうフラフラになり、帰ると、二人分の死装束の白無垢と安い脇差しを買う。
世話になっている出入りの親分の家にこの世のいとま乞い。まさか心中しますとは言えないから、西の方に出かけて帰ってくるのは盆の十三日とか、わけのわからないことを言って、間抜けなことに肝心の脇差しを忘れていってしまう。
その晩は、勘定は六道の辻まで取りにこいとばかり、金蔵のみ放題の食い放題。あげく、酔いつぶれて寝込んでしまった。
その馬鹿面の寝顔を見て、お染はこんな野郎と冥土の道行きをしなければならないかと思うとつくづく情けなくなるが、選んだ以上どうしようもない。たたき起こして、用意のカミソリで片を付けようとするが、気の小さい金蔵、いざとなるとブルブル震えてどうにもならない。
じゃ、おまえさん、いっしょに死ぬというのはウソだったんだね、そんな不実な人なら、あたしは死んだ後、七日たたないうちに取り殺してやると脅し、引きづるように品川の浜へ。
おまえばかりを殺しゃあしない、南無阿弥陀仏と金蔵を突き落として、続いてお染も飛び込もうとすると、気配に気づいた若い者が抱き留める。

「待った。お染さん、悪い料簡を起こしちゃいけねえ。たった今、山の御前が五十両届けてくれなすって、おまえさんの喜ぶ顔が見たいとお待ちかねだ」
「あーら……でももう遅いよ。金さんが先に……」

「金さん? 貸本屋の金蔵ですかい? あんなもんならようがす」

金が整ったと知ると、お染は死ぬのが馬鹿馬鹿しくなり、浜に向かって、
「ねえ金ちゃん、こういうわけで、あたしゃ少し死ぬのを見合わせるわ。人間一度は死ぬから、いずれあの世でお目に掛かりますから。それでは長々失礼」
失礼な奴もあるもの。

金蔵、飛び込んだところが遠浅だったため助かったが、おかげで若い衆とお染の話を海の中で聞き、さあ怒るまいことか。
「こんちくしょう、あのあまァ、どうするか見てやがれ」

やっとの思いで浜に上がったが、髪はザンバラ、何かで切ったのか、顔面は血と泥がこびりつき、着物はぐっしょり。
まさに亡者のような姿で、ふらふらになって親分の家へ。ちょうどその時、親分宅ではガラッポンと勝負事の真っ最中。

戸口でガタリと音がしたので、すわ手入れだと大慌て。糠味噌の中に突っ込んで、なすの漬物を自分の金玉がもげたと勘違いする奴も出てさんざん。金蔵とわかって一同ひと安心。その中で一人だけ、泰然と座っている者がいる。

「なんだ、みんなだらしがねえ。……伝兵衛さんを見ろ。さすがにお侍さんだ。びくともしねえで座っておいでた」

「いや、面目ない。とっくに腰が抜けております」

品川心中(上)

聞いていた親分がそれでは仕返しをしてあげるという。
まず、金蔵をお染めの所に行かせ、「今、生き返ったところだ」と話します。
そこに子分の”たみ公”を連れてお染めの所に行き、たみ公を金蔵の弟だと振れます。
「たまたま品川に釣りに来たら死体が掛かった。それが兄の金蔵であった」と。
金蔵はお前の書いた起請文(年が明けたら一緒になると言う誓文)を持っていたから、お通夜に出て欲しいという。
「たみ公、位牌を出せ」と言うが、何処を探しても位牌が無かった。
お染めは
「イヤだよ。金さんなら、今来ているよ」
「そんなはずはない。見せろ」で部屋に来てみると金蔵の代わりに布団の上には位牌があるだけであった。
お染めは企みとは分からず、おびえて髪を切ってしまった。
そこに金蔵が現れると

「まあヒドい。私は坊主になって明日から仕事が出来ないじゃないか」

「お前があまり客を釣るから、ビク(魚籠と比丘)にされたんだ」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

立川談志tatekawadansi
立川談志 姫かたり

姫かたり(ひめかたり)は古典落語の演目の一つ。 主な演者として、5代目古今亭志ん …

立川談志tatekawadansi
立川談志 羽団扇(はうちわ)

あらすじ 正月の2日になると七福神の刷り物を「おたから、お宝」と売りに来た。 そ …

立川談志tatekawadansi
立川談志 五人廻し

上方ではやらないが、吉原始め江戸の遊廓では、一人のおいらんが一晩に複数の客をとり …

立川談志tatekawadansi
立川談志 五貫裁き

神田の三河町に家主の多呂兵衛、借家人の半端者の八公が住んでいた。 この八公が人生 …

立川談志tatekawadansi
■立川談志 権兵衛狸
立川談志tatekawadansi
■立川談志/お化け長屋

1985年 東陽町・寄席若竹にて

立川談志tatekawadansi
立川談志 富久

ある年の国立劇場演芸場で開かれた「談志ひとり会」で「富久」を聴いた。 幇間の久蔵 …

立川談志tatekawadansi
■立川談志 寝床
立川談志tatekawadansi
■立川談志 野ざらし
立川談志tatekawadansi
立川談志 蜀山人(しょくさんじん)

蜀山人こと大田 南畝 大田 南畝(おおた なんぽ、寛延2年3月3日(1749年4 …