【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■三遊亭圓生(六代目)死神

   

Sponsored Link

↓↓昭和43(1968)年8月22日 人形町末廣の高座。圓生68歳。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目) , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)らくだ

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

三遊亭圓生(六代目) 開帳の雪隠

開帳の雪隠(かいちょうのせっちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、明和9年(1 …

三遊亭圓生(六代目)しの字嫌い

しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語の演目の一つ。上方落語ではしの字丁稚(しのじ …

三遊亭圓生(六代目)弥次郎

上方落語の演目『鉄砲勇助(嘘つき村)』の前半部を独立させ、「安珍・清姫伝説」を下 …

三遊亭圓生(六代目)夏の医者

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、明和2年(176 …

三遊亭圓生(六代目)四宿の屁(ししゅくのへ:四宿のおなら)

江戸時代、品川、新宿、千住、板橋の四つの岡場所(非公認の遊廓)を四宿といい、吉原 …

三遊亭圓生(六代目)がまの油(蝦蟇の油)

あらすじ 大道商売の口上と言えば有名なのが「がまの油売り」だ、黒羽二重の紋付き袴 …

■三遊亭圓生(六代目) 百年目

あらすじ 大店(おおだな)の旦那は番頭に店を任せて商売には口を出さないと言うのが …

三遊亭圓生(六代目)無学者論に負けず(やかん)

根問いもの。『やかん』別題 ぶっつけ落ち

三遊亭圓生(六代目) おさん茂兵衛

深川やぐら下は花柳界でも非常に勢いがあった。 そこから縮緬浴衣の揃いを深川仲町呉 …