【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭今輔 (五代目)死神

   

Sponsored Link

『死神』(しにがみ)は古典落語の演目の一つ。
ヨーロッパの死神説話を三遊亭圓朝が日本に輸入し翻案したとされている。
元となった具体的な作品はグリム童話の『死神の名付け親』、またはイタリアの歌劇『クリスピーノと死神』(ルイージ・リッチとフェデリコ・リッチ兄弟の作曲)だと考えられている。

あらすじ

何かにつけて金に縁が無く、子供に名前をつける費用すら事欠いている主人公がふと
「俺についてるのは貧乏神じゃなくて死神だ」と言うと、何と本物の死神が現れてしまう。

仰天する男に死神は「お前に死神の姿が見えるようになる呪いをかけてやる。
もし、死神が病人の枕元に座っていたらそいつは駄目。
反対に足元に座っていたら助かるから、呪文を唱えて追い払え」と言い、医者になるようアドバイスを与えて消えた。

ある良家の跡取り娘の病を治したことで、医者として有名になった男だが『悪銭身に付かず』ですぐ貧乏に逆戻り。
おまけに病人を見れば死神はいつも枕元に……
とあっという間に以前と変わらぬ状況になってしまう。

困っているとさる大店からご隠居の治療を頼まれた。
行ってみると死神は枕元にいるが、三千両の現金に目がくらんだ男は死神が居眠りしている間に布団を半回転させ、死神が足元に来たところで呪文を唱えてたたき出してしまう。

大金をもらい、大喜びで家路を急ぐ男は途中で死神に捕まり大量のロウソクが揺らめく洞窟へと案内された。
訊くとみんな人間の寿命だという。
「じゃあ俺は?」と訊く男に、死神は今にも消えそうなろうそくを指差した。

曰く「お前は金に目がくらみ、自分の寿命をご隠居に売り渡したんだ」。
ろうそくが消えればその人は死ぬ、パニックになった男は死神から渡されたロウソクを寿命に継ぎ足そうとするが……。
「アァ、消える……」

Sponsored Link

 - 古今亭今輔 (五代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭今輔 (五代目)藁人形

あらすじ 神田のぬか問屋「遠州屋」の美人で一人娘お熊は今は身を持ち崩して、千住の …

古今亭今輔 (五代目)薮入り

『藪入り』(やぶいり)は古典落語の演目のひとつ。もとは「お釜さま」という、衆道を …

古今亭今輔(五代目)馬の田楽

頼まれた味噌の荷をウマに積んで三州屋という酒屋に来た男、いくら呼んでも誰も出て来 …

古今亭今輔 (五代目)お婆さん三代姿

おばあさん三代姿:あらすじ はじめの舞台は明治の頃。電車や洋食といった西洋文化が …

古今亭今輔 (五代目)毛氈芝居(もうせんしばい)
古今亭今輔 (五代目)くず湯

有崎勉(柳家金語楼)作 お婆ちゃんは、孫の幸次が引越しをし、室内はごった返してい …

古今亭今輔 (五代目) 青空おばあさん

あらすじ 婚約者の春子の家に挨拶をしに来た秋男、70を越えたおばあちゃんにびっく …

古今亭今輔(五代目)思い出
■古今亭今輔(五代目)もう半分

「もう半分」(もうはんぶん)は、落語の演目の一つで怪談話。別名「五勺酒」。 主な …

古今亭今輔 (五代目) 印鑑証明(お役所風景)

有崎勉作(柳家金語楼)新作落語