【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三笑亭可楽(八代目)尻餅(しりもち)

   

Sponsored Link

あらすじ

八五郎の家では、大晦日だというのに夫婦喧嘩をしている。
隣近所では餅つきの音もにぎやかに、正月の支度を整えているのに、八の家では貧乏所帯ゆえにその準備ができないのだ。
「長屋の手前、餅つきの音だけでも聞かせてほしいんだよ」
「って言われてもなぁ…。ん?」

自棄になった八公の頭に、とんでもない案がひらめいた。
「何とかしてやろうじゃないの。その代わり…何をやっても文句を言うなよ…?」
いよいよ夜がやってきた。八公は子供が寝たのを見計らい、そっと外に出て、聞こえよがしに大声で…。
「ォホン。『えー、餅屋でございます。八五郎さんのお宅は…ここですな!』」
芝居の効果音よろしく、餅屋が来たところから餅をつく場面にいたるまで、あらゆる場面を【音】だけで再現しようというのだ。
「家に上がってこの屋の主だ。『オー、餅屋さん、ご苦労様』。餅屋に戻って『ご祝儀ですか。えー、親方、毎度ありがとうございます』…」

子供にお世辞を言ったりする場面まで、一人二役で大奮闘。
「餅屋になって『そろそろお餅をつきますので』…おっかあ、臼を出せ」
「そんなもの無いわよ」
「お前のお尻だよ。お尻を出せ!」

かみさんのお尻を引っぱたけば、ペタペタ音がして餅をついている様に聞こえる…それが八五郎のアイディアなのだ。
「餅屋になって、『臼をここへ据えて…始めます』…白いお尻だな」
「何を言ってるんだい!?」

いやがるかみさんに着物をまくらせ、手に水をつけて尻をペッタン、ペッタン…。
「コラショ、ヨイショ…そらヨイヨイヨイ! アラヨ、コラヨ…」
そのうち、かみさんの尻は真っ赤になった。
「『そろそろつき上がりですね。じゃあ、こっちに空けますね』…餅を代えたつもり、と。次は二うす目だ」
たまりかねた女房が、「餠屋さん、あと幾臼あるの?」
「『へぇ。後、ふた臼位でしょうか』」
「おまえさん、餠屋さんに頼んで、あとの二臼はおこわにしてもらっとくれ」

Sponsored Link

 - 三笑亭可楽(八代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三笑亭可楽(八代目)甲府い

あらすじ 甲府育ちの善吉。 早くから両親をなくし、伯父夫婦に育てられたが、今年二 …

三笑亭可楽(八代目)味噌蔵

  落語メモ 『味噌蔵』は。昔の商家の火事に対する用心ぶりがよく分かる …

三笑亭可楽(八代目)士族のうなぎ(素人鰻)
三笑亭可楽(八代目)芝浜

昭和38年(1963年)4月の音源 え~『小綺麗な住いもならぬ女房が、なければむ …

三笑亭可楽(八代目)猫の災難

隣りの家から鯛の頭を貰った男。これを肴に一杯飲みたいが金がない。そこへ友達がやっ …

三笑亭可楽(八代目)反魂香(高尾)

『反魂香』(はんごんこう)または『高尾』(たかお)は古典落語の演目の一つ。 原話 …

★三笑亭可楽(八代目)子別れ(上・下)

子別れ(上) 子別れ(下)

★三笑亭可楽(八代目)文違い(ふみちがい)

落語 「文違い」 三笑亭可楽 あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向 …

三笑亭可楽(八代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

三笑亭可楽(八代目)二番煎じ

原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の …