【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談笑(六代目)シシカバブ問答(こんにゃく問答改作)

      2018/12/24

Sponsored Link

バグダッド郊外、シシカバブ屋の店先でハッサンがシシカバブを焼いている。
「おい! ハッサン」
「なんです、アブドゥルの親方」
「おまえ、いつまでもウチでシシカバブ焼いててもしょうがねえだろ」
「でも、ビンラディンの親方が雲隠れしちまって」
「一人で自爆テロでもやれ」
「いや、あっしはそんな大看板じゃネェんで」

シシカバブ屋の親方は、居候のハッサンに、自分が後見人となっている古モスクの寺守りになれ、と命じる。
「オメェの仕事はアザーンくれぇのもんだ」
「出てこい…」
「シャザーン、って違うよ! 1日に5回、お祈りの時間になったら村中に知らせて歩くだけだ」

モスクの寺守りに収まったハッサンは、アザーンそっちのけで寺男のハシュムッディーンと来る日も来る日も酒を飲んでドンチャン騒ぎ。
と、そこにある日、旅の修行僧がやって来て、イスラム問答を挑んでくる。
問答に負けると追い出されてしまうとハシュムッディーンに聞き、ハッサンが弱っていると、カバブ屋の親方がやって来て、

「じゃあ、俺が修行僧に化けて問答やってやろう」と引き受けた。
親方は問答なんて出来ないのだが、何と旅の僧は「まいりました」と退散してしまう…。

[落語でブッダ2-収録]

Sponsored Link

 - 立川談笑(六代目) , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談笑(六代目)薄型テレビ算(壷算改作)

  あらすじ 10万円の予算で50インチのフルハイビジョン薄型テレビを …

立川談笑(六代目) イラサリマケー(居酒屋改作)

新宿西口。一人で気軽に飲めそうな店を見つけて入った男を出迎えたのは 「イラサリマ …

立川談笑(六代目) シャブ浜

6代目立川 談笑(たてかわ だんしょう、1965年9月23日 – ) …

立川談笑(六代目) 黄金餅