【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓遊(四代目)松竹梅

   

Sponsored Link


1977年(昭和52年)12月16日録音

松竹梅(しょうちくばい)は古典落語の演目の一つ。原話は、初代三笑亭可楽が出版した「江戸自慢」の一遍である「春の花むこ」。初代松富久亭松竹の作とも。元々は上方落語の演目で、明治30年(1897年)ごろに4代目柳亭左楽が東京に移植した。主な演者に6代目春風亭柳橋や林家木久扇などがいる。

あらすじ

松五郎、梅吉、竹蔵というトリオが、「名前がめでたい」と言う理由で出入り先のお店のお嬢さまの婚礼に招かれた。
ところが、このトリオは結婚式に招かれるのは初めてで、席上どうしたらいいのかまったく分からない。
仕方がないので、三人そろって岩田の隠居に相談に行くことになった。
相談を受けた隠居は、「ただ飲み食いするだけじゃ失礼だ」といい、何か余興をやってあげたらどうかと勧める。

「例えば、こんなのはどうだ。挨拶をしたら、三人並んでぱっと扇子を広げ、まず松さんが『なったあ、なったあ、蛇(じゃ)になった、当家の婿殿蛇になった』。次に竹さんが『なに蛇になあられた』。最後に梅さんが『長者になぁられた』」

お婿さんが蛇になったとか何とかいい、変な気にさせたあとで「長者になった」と盛り上げるわけだ。

さて、練習。松公から練習することになったが、これがなかなか進まない。
松公は「ま…ま…マァ♪」と出てこないし、竹は「デデンデデン、なあんのぉぉぉぉぉう」と、義太夫調。
問題なのは梅公で、健忘症だと言う彼は何度練習しても言葉が出てこない。

松と竹が何とかフォローすることにして、時間が無いのでそのまま婚礼会場に乗り込んだ。
教わったとおりに忌み言葉を避け、ご挨拶も済んだところでいよいよ『芸』をすることに。

「まことにご愁傷さま…じゃなくて、本日はご婚礼、まことにおめでとうございます。僭越ながら、我々『松竹梅』が婚礼の余興といたしまして…」

扇子をぱっと広げて。

「なったあ、なったあ、蛇(じゃ)になった、当家の婿殿蛇になった」

「なに蛇になあられた」

松と竹は何とか切り抜けたが、肝心の梅吉が案の定、言葉を忘れて固まってしまった。

「紅茶に…番茶に…烏龍茶に…」

間違えるたびにやり直しになり、とうとう松が『なったあ、なったあ、ヤ(嫌)になった』」。

一同大笑い。

「ええ、失礼いたしました。では、改めてまいります。『なったあ、なったあ、蛇(じゃ)になった、当家の婿殿蛇になった』」

「なに蛇になあられた」

梅公、任せた!!

「えー、『亡者になあられた』」

式場は大騒ぎとなり、三人は逃げようとしたが梅吉だけ捕まってしまう。このことを隠居に伝えると隠居はこう言った。

「大丈夫だ、梅さんはそのうちお開きとなって帰るだろう」

[出典:Wikipedia]

Sponsored Link

 - 三遊亭圓遊(四代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓遊(四代目)干物箱

干物箱(ひものばこ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出 …

■三遊亭圓遊(四代目)浮世床
三遊亭圓遊(四代目) 長屋の花見(貧乏花見)

「貧乏花見は落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。江戸落語では「長屋の花 …

三遊亭圓遊(四代目)夏泥(置泥)

置泥(おきどろ)は、古典落語の演目の一つ。原話は、安永7年(1778年)に出版さ …

三遊亭圓遊(四代目)堀の内

あわて者の熊五郎は、自分のそそっかしい癖を信心で治そうというかみさんの提案で「堀 …

三遊亭圓遊(四代目) のめる

酒好きで、なにかにつけて「のめる」というのが口癖の男。 友達に、「つまらねえ」が …

三遊亭圓遊(四代目)湯屋番
三遊亭圓遊(四代目)権助提灯

『権助提灯』(ごんすけちょうちん)は古典落語の演目の一つ。 大店に雇われている田 …