【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭円歌(二代目)鹿政談

   

Sponsored Link

鹿政談(しかせいだん)は古典落語の演目の一つ。
元々は講釈種の上方落語の演目で、明治の初期に2代目禽語楼小さんが東京に移植した。
主な演者として、東京の6代目三遊亭圓生や6代目春風亭柳橋、上方の3代目桂米朝などがいる。

現在でも鹿は奈良の名物であるが、かつては鹿が『神獣』とされていた事もあって、現在からみると想像を絶するほどの手厚い保護が行われていた。何しろ、ちょっと叩いただけでも五貫文の罰金、もし間違って殺そうものなら、男なら死罪、女子供なら石子詰めという、当時の最高刑が待っていたのだ。
そんな時代の、ある朝に起きた出来事。

あらすじ

奈良三条横町というところに、豆腐屋渡世を営む老夫婦が住んでいた。
主である与兵衛が朝早くから起きだし、豆を挽いていると表で何やら物音がする。
慌てて飛び出してみると、大きな赤犬がキラズ―卯の花の事だ―の桶に首を突っ込み、キラズを旨そうに食べていたのだ。

朝から商売物を荒らされるとは縁起が悪い。さすがの与兵衛もカッとなり、手近にあった薪を持つと犬にめがけてポーン…命中した。
まさか当たってしまうとは考えていなかった与兵衛さん、助け起こそうと慌てて近づき…絶句。
なんと、倒れていたのは犬ではなくて鹿!!

何とか介抱してみたが、鹿は一向に息を吹き返さない。そのうち辺りも起きだしてきて、町中ひっくり返るような大騒ぎとなった…。
当時、鹿を担当していたのは目代(代官)の塚原出雲と、興福寺の番僧・了全の二人。
この二人が連名で願書を書き、哀れ与兵衛はお裁きを受ける身に…。

この裁きを担当することになったのは、名奉行との誉れが高い根岸肥前守というお方だ。
お奉行様とて、この哀れな老人を処刑したいわけではない。
何とか助けようと思い、与兵衛に「生国は?」「病はあるか?」等と次々質問してみるが、嘘をつくことの嫌いな与兵衛はすべての質問に正直に答えてしまった。

「生まれは奈良でございます。病一つございません。私はどうなっても構いませんが、残った婆さんにはどうか憐れみを…」
こうなっては、もう与兵衛を助ける手段はない。困った奉行、しばらく考えていたが、ポンと手を一つたたくと部下に鹿の遺骸を持ってくるように命じた。

遺骸をじーっと見て、ひと言。「これは鹿ではない、犬だ」。
「鹿には角がなくてはならない。しかし、これには角が無いではないか? 犬ならば裁きの必要はない、この願書は差し戻しといたす」

一同感心して「これは犬でございます」。中には、「今、ワンと鳴きました」なんて言う人もいたりした。
しかし…。その裁きに待ったをかける奴が現れる。鹿の守役、塚原出雲だ。
「お奉行様のお言葉とは思えませんな。それがし、犬と鹿を取り違えるほどモウロクはしてござらぬによって、今一度お調べになるようお願い申し上げます」
奉行が角の事を尋ねると、「鹿は毎年春、若葉を食しますために弱って角を落とします」とやり返す。

奉行、またしばらく考えた。
「そこまで申すのなら、鹿の前に別の事を調べねばならぬ…」
この頃、鹿の餌料を着服し、高利で貸し付けてボロ儲けしている不届き者がいるという。それは誰だ…?

「毎年、幕府から下される鹿の餌料は三千両。鹿の腹が満たないわけがない」
『神獣』とはいえやはり動物。空腹に耐えかねて城下にさまよい出てしまったのだろう。
そして人の品を荒らしたのだから、最早これは盗賊であって打ち殺されても文句はない。
「それでも…もし、この裁きを続けたいのであれば、今度は鹿の餌料を横領した者の裁きを始める。どうじゃ…? これは犬か…鹿か?」

塚原たまらず「犬鹿蝶!!」、奉行に怒られてしまった。
「わたくし、歳のせいか犬と鹿を取り違えてしまったようで…」。
これにて一件は落着。お白州の後、涙を流す与兵衛に奉行が声をかける。

「与兵衛、斬らずにやるぞ」

「マメで帰れます…」

Sponsored Link

 - 三遊亭円歌(二代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭円歌(二代目)電報違い

初代三遊亭圓歌作 初代三遊亭圓歌(1876年6月10日 – 1927 …

三遊亭円歌(二代目)羽団扇(はうちわ)
三遊亭円歌(二代目) 大出来大当り
三遊亭円歌(二代目) 西行

関西の摂津・河内・和泉から千人の美女を選び出して、その中から100人選び、その中 …

三遊亭円歌(二代目) 夢の富
三遊亭円歌(二代目) 四段目(蔵丁稚)

歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」の四段目のこと。 上方では『蔵丁稚』

三遊亭円歌(二代目) 香典返し

大野桂作。原題は『息子の脛』(むすこのすね) マクラの艶笑噺は『縁の下の間男』

三遊亭円歌(二代目) 茶釜の喧嘩
三遊亭円歌(二代目) 春の雪
三遊亭円歌(二代目) なめる