【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)しの字嫌い

      2017/02/12

Sponsored Link

しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語の演目の一つ。上方落語ではしの字丁稚(しのじでっち)

上方の『正月丁稚』(東京では『かつぎや』)の前半部分が独立したもの。

原話は、明和5年(1768年)に出版された笑話本『絵本軽口福笑ひ』にある無題の小咄。

※メモ:落語なまり=落語の世界だけで使われる独特のなまり。

 

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目) 艶笑噺(えんしょうばなし・おいろけばなし)
■三遊亭圓生(六代目)豊竹屋

豊竹屋(とよたけや、とよだけや)は落語の演目の一つ。 別題に『豊竹屋節右衛門(と …

三遊亭圓生(六代目)四宿の屁(ししゅくのへ:四宿のおなら)

江戸時代、品川、新宿、千住、板橋の四つの岡場所(非公認の遊廓)を四宿といい、吉原 …

三遊亭圓生(六代目)花筏

相撲の親方が、銚子の祭相撲に人気力士の花筏を出す契約をしたが、花筏が病気のため、 …

■三遊亭圓生(六代目)品川心中
三遊亭圓生(六代目)のめる

酒好きで、なにかにつけて「のめる」というのが口癖の男。 友達に、「つまらねえ」が …

三遊亭圓生(六代目) 代脈

<代脈(だいみゃく)は、古典落語の演目の一つ。原話は、元禄10年(1697 …

三遊亭圓生(六代目) お祭り佐七
三遊亭圓生(六代目) 御神酒徳利(占い八百屋)

御神酒徳利(おみきどっくり)は、落語の演目の一つ。 中国、トルコなどにも類似の民 …

■三遊亭圓生(六代目) 後家殺し

おかみさんが居ないのが好都合だと言い、男が聞き始めた。 表の伊勢屋の後家と常吉は …