【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

金原亭馬の助(初代)しの字嫌い

   

Sponsored Link

しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語の演目の一つ。上方落語ではしの字丁稚(しのじでっち)

上方の『正月丁稚』(東京では『かつぎや』)の前半部分が独立したもの。

原話は、明和5年(1768年)に出版された笑話本『絵本軽口福笑ひ』にある無題の小咄。

主な演者に東京の10代目金原亭馬生、7代目立川談志、柳家三三、上方の4代目桂文我などがいる。

あらすじ

さるご隠居が、飯炊きの権助一人を置いて、暮らしている。
小女などは扱いがめんどうくさいし、泥棒の用心にも男の方がいいと使っているのだが、この男、いちいち屁理屈をこねて主人に逆らうので、癪の種。

灯を煙草盆に入れろと言えば
「煙草盆に火を入れたら焦がしちまう。火入れの中の灰の上へ灯を入れるだんべ」
とくるし、困らせてやろうと
「衝立の絵の虎が気味が悪いから、ふんじばってくれ」
と言うと
「棒でその虎を追い出してくらっせえ」
と、一休のようなことを言ってすましている。

どうにも始末におえないので、しの字封じをしてとっちめてやろうと思いつき、権助に
「しの字は死んだ、身代限り、仕合せが悪いという具合に縁起が悪いから、これからおまえも、しを言ってはいけない。言えば給金をやらない」
と、申し渡す。
権助は、隠居がもし言った場合は、望むものをくれるという条件で承知する。

「待ってくだせえ。今しの字を書いて飲んでしまう。ひいふうみ、さ、もう言わねえ」
これで協定が成立したが、隠居、何とか権助に「し」と言わせようと必死。

不意に「水は汲んだか」と声を掛ければ、いつものくせで「水は汲んでしまいました」と、二回言うに違いないと考えて試すと、権助引っかからず
「汲んで終わった」隠居、思わず「しょうがねえ」と言いかけて、慌てて口を押さえ、今度は四百四十四文の銭を並べて勘定させれば、イヤでも言わないわけにはいかないと企むが、敵もさるもの。

四百四十四のところにくると、ニヤリと笑い
「三貫一貫三百一百二十二十文だ」
「そんな勘定があるか。本当を言え」
「よ貫よ百よ十」
「この野郎、しぶとい野郎だ」

「ほら言った。この銭はオラのもんだ」

Sponsored Link

 - 金原亭馬の助(初代)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

金原亭馬の助(初代)辻八卦

辻占いが通りで客を呼び込みます。最初にやってきたのが、田舎侍でした。侍の氏名をず …

金原亭馬の助(初代)権助芝居

あらすじ 町内の芝居好きが集まって素人芝居をすることになったのだが役に当たった者 …