【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭円歌(二代目) 質屋庫(質屋蔵)

      2015/05/23

Sponsored Link

上方ではヒチヤグラ。原話は安永二年江戸板「近目貫」に載っている「天神」。

Sponsored Link

横町の質屋の蔵に毎夜化け物が出るという近所のうわさ。主人は番頭に見届けるよう命ずるが、番頭が一人ではこわいというので入墨をしてふだんから強そうな熊五郎を呼びにやる。
はじめは威勢のよかった熊五郎もお化けと聞いてからいくじがなくなってしまうが、仕方なく二人で見張っているとやがてウシミツ時に蔵の奥でなにかぴかっと光った。
二人とも腰を抜かしたが怖いもの見たさでのぞいてみると、棚に載っている掛け軸が音もなくすうっと開く。
番頭「あれァ、横町の藤原さんから質に取った天神さまのお掛け軸だよ。」
天神「こりゃ番頭、藤原がたへ利上げせよと申し伝えよ。あァまたどうやら流されそうだ」

[出典:http://www.tacto.jp/rakugo/kaisetsu/shichiyagura.htm]
※サゲは菅原道真が九州へ流された故事に引っかけたもの。

Sponsored Link

 - 三遊亭円歌(二代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭円歌(二代目) 姫はじめ

元話は『わしがかか』で『宿屋ぼぼ』とほぼ同じ。これを円歌が姫はじめと題して演じた …

三遊亭円歌(二代目)首ったけ

原話は複数ある。 米沢彦八による江戸中期の噺本(はなしぼん)『軽口大矢数』より、 …

三遊亭円歌(二代目) 和洋艶笑小噺

実にデリケートなお話です。

三遊亭円歌(二代目) 四段目(蔵丁稚)

歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」の四段目のこと。 上方では『蔵丁稚』

三遊亭円歌(二代目) 夢の富
三遊亭円歌(二代目) 壺

別題:壷の幽霊。初代林家正楽(一柳金次郎)作。

三遊亭円歌(二代目)さんま芝居

五代目柳亭燕路(りゅうていえんじ)作 あらすじ 兄貴との旅から帰ってきた弟分。 …

三遊亭円歌(二代目) 木炭車
三遊亭円歌(二代目) 川開き
三遊亭円歌(二代目) 巻き返し

長崎抜天作