【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)粗忽の使者(尻ひねり)

   

Sponsored Link

※昭和36年(1961年)9月1日録音

Sponsored Link

あらすじ

主人公は『杉平柾目正』の家来で、『地武太治部右衛門』(じぶたじぶえもん)という変な名前の侍。

この男、実は名代の「粗忽者」なのだが、そこが面白いということで殿様のお気に入りとなっていた。

この侍の噂を、柾目正の親せき筋である『赤井御門守』が耳にして、柾目正にこちらへ寄こしてくれるよう頼み込む。

柾目正の方も面白がり、今度、治部右衛門を使者に仕立てて邸へ使わすことを約束した。

…なんて事情は全く知らないご当人。朝早くから起きだして、大張りきりで庭へと飛び出してくる。

「弁当、弁当はどこじゃ!?」

これは別当の間違い。大騒ぎの挙句、何とか馬に乗った治部右衛門は、意気揚々と御門守のお屋敷へとやってきた…。

数刻後、普請場で作業をしている大工の元へ、仕事仲間が大笑いしながらやってくる。

「実はな、うっかり間違えて【お使者の間】の近くへ出ちまったんだけど、そこで面白いものを見たんだよ」

お使者としてやってきた治部右衛門という男。家老である『田中三太夫』の挨拶に対して、何と『口上を忘れた』というとんでもない返事をしたのだ!

「それが可笑しな奴でよ、『尻をひねってくれたら、或は思い出すかも』って言うんだよ。なんでもよ、ガキの頃から何か忘れたら、尻をひねって思い出していたらしいんだよな」

それでは…と三太夫がひねってみたのだが、長年ひねられていた”後遺症”で治部右衛門のお尻は鱗のようになっており、ちょっとやそっとでは感じない。

「とうとう三太夫の旦那が困っちまってな、『家中で指の力がある者を探してくる』って引っ込んじまったんだよ」

どうやっても口上が思い出せなければ、治部右衛門は責任を取って切腹しなければいけない。

「可哀そうだからよ、俺が行って、尻をひねってやろうというわけさ」

仲間が止めるのも聞かず、男は三太夫のところへとやってくる。

話を聞いた三太夫は、これぞ【窮余の一策】とばかりに男を若侍に仕立て、お使者の間へ引っ張り出すことを決意した。

「ところで、その方…名は?」
「名前? あぁ、留っこ」
「…ア?」

みんなからは『留っこ』と呼ばれており、本当の名前は分からないのだという。

困った三太夫は、自分の名前をもじって『留っこ』に中田留太夫と名づけ、治部右衛門の前に連れていった。

「頭に『お』を付け、しまいには『たてまつる』と付けるのだ」

そう言われた似非侍の留太夫。

最初は「えー。おワタクシは、お貴殿のお尻をお捻り奉る…」等とやっていたが、いざ治部右衛門と二人っきりになると途端に地を出し、治部右衛門に命令し始めた。

「さあ、早くケツを出せ。…汚ねぇ尻だな。いいか、どんなことがあっても後ろを向くなよ。さもねえと張り倒すからな」

後ろを向いたのお尻を、『留っこ』は隠し持っていた「閻魔」(大型のペンチ)で思いっきりひねりあげる。

手がだめなら道具を使え…それが彼の秘策だったのだ。

「ンー! 痛み耐えがたし!! もう少し…」
「どうなってんだよ、この尻は? 閻魔が壊れちまうよ。これでもか!?」
「お…! 思い出してござる!!」

三太夫が合いのふすまをガラリ。

「して、お使者の口上は?」

「屋敷を出る折、聞かずにまいった…」

概要

いかにも江戸落語然とした話だが、実は全く同じ原話から成立した上方落語があり、そちらの方は『月並丁稚』というタイトルで3代目 桂春団治などが演じている。

こちらは忘れっぽい小僧が茶会の日時を忘れ、先方に出入りしている相撲取りにお尻をひねってもらう…という内容だ。

冒頭からそそっかしい治部右衛門の言動が笑いを誘い、オチの見事な『肩すかし』でとどめを刺すという巧妙な造りの話である。

続編

実はこの噺には続きがある。

屋敷に戻った治部右衛門が、先方で大失敗をした責任を取って切腹をしようとし、九寸五分の刀と扇子を間違えているところに殿様が現れ一言。

「ゆるせ。御門守殿には何も用がなかった」

現在、このオチはもう一捻りを加えられ、『松ひき』に利用されている。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目) 真田小僧

前座噺とし使う場合は、サゲまでやらずに途中で切ることが多い。志ん生が、前座の頃の …

古今亭志ん生(五代目) 唐茄子屋政談(上・下)

唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)は落語の演目。人情噺の一つ。 別名は「唐茄子屋 …

古今亭志ん生(五代目)今戸の狐

こつ(千住)、ばくちの狐など、分かりにくい言葉が多いので、マクラで志ん生はこれら …

古今亭志ん生(五代目)金明竹
古今亭志ん生(五代目) 三軒長屋(前・後)

三軒長屋(さんげんながや)は落語の演目の一つ。 原話は中国の明代に書かれた笑話本 …

古今亭志ん生(五代目)麻のれん

按摩の杢市は、強情で自負心が強く、目の見える人なんかに負けないと、いつも胸を張っ …

古今亭志ん生(五代目)中村仲蔵

あらすじ 明和3(1766)年のこと。 苦労の末、名題に昇進にした中村仲蔵は、「 …

古今亭志ん生(五代目)あくび指南(あくびの稽古)

『釣り指南』『小言指南』など指南物の一つ。 志ん生は、ホール落語にはかけなかった …

古今亭志ん生(五代目) 羽衣の松

あらすじ 人というものは大変なもので、本当の美人は『顔の真ん中に鼻がある』と申し …

古今亭志ん生(五代目)品川心中

聴き比べ⇒⇒古今亭志ん朝 品川心中