【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三升家小勝(六代目)水道のゴム屋(水道のホース屋)

   

Sponsored Link

あらすじ

水道やガスのゴム管を、戸別訪問で売り歩いている、十二、三歳の小僧。

「こんちは、水道のゴムはいりませんか」

と黄色い声で売り回っても、からかわれるばかりで、なかなか商売にならない。

今日も、まずいきなり、
「てめえはなんだな、オレに恥をかかせるつもりだなッ。家には水道がねえんだ」
と、すごまれた。

二軒目では婆さんが耳が遠く、聞き間違われてラチがあかない。

三軒目では
「近頃感心な小僧だ。年はいくつだ?」
「十三でございます」
「柄が大きいから十五、六に見えるな。学校へ行ったか」
「五年まで行きましたが、お父っつぁんが大病をしたので奉公しました」
「そいつは惜しいことをした。親を大切にしてやれ。どこだ、故郷は」
「東京で」
「何だ、江戸っ子じゃねえか。その心持ちを忘れるなよ。今におまえが大きくなったら、水道のゴム会社が何かの社長にならなくちゃならねぇ。あっははは、年はいくつだ?」

これを三回繰り返し、しまいには
「近ごろ感心な小僧だ」からセリフを全部覚えてしまった。

「物覚えのいい小僧だ。オレんとこはいらねえ」

次の奥方は、だんなの浮気で修羅場の真っ最中。

「復習してやるわ。あなた、ガスのゴムも持ってるでしょう。そこのメーターのところから計ってちょうだい」

「さいならッ」

ガス自殺の手伝いをさせられそうになり、慌てて逃げ出す。

お次は、浪曲をうなっている男。

水道屋にゃあ、縄張りってものがあるだろうと、妙なことを言い出す。

「しっかりしろい。おまえが親からもらった荒神山を、安濃徳が自分のものにしようてんだ。『人の落ち目につけこんでエ、覚えていろよ安濃徳ウ』」
と、虎造十八番の「荒神山」をうなり出す。

「だんな、浪花節がお上手で」
「よし、その一言が気に入った」
「買ってくれますか」
「オレんとこじゃああ、買わねえんだア」と浪曲で断られた。

最後は、インテリ風の男。

一尺いくらだと聞くので、十九銭と答えると、二尺はいくら、三尺、四尺、五尺……と暗算をさせられ、果てに、しからば百七十三尺六寸では? と、妙に細かく刻む。
小僧が四苦八苦して計算していると
「そういう時にはこういう調法なものがある。これは最近、九九野八十一先生が考案した完全無欠の計算器」
と、妙なものを取り出して、ベラベラ効能書きを並べた挙げ句、とうとう小僧に無理に売りつけてさようなら。

小僧、早速いじり始めたが、

「売らずにこっちが五十銭で買って帰ったんだから、零を五十で割ると、おやおや、答えが零だ。なら、べつに損はないや」

メモ

六代目三升屋小勝の新作落語。
神田の電気学校(現東京電機大学)を卒業し、東京市水道局:工務課に勤務した。
その経験をもとに、前座時代に創作した噺である。
昭和初期、水道が普及し始めた時代の作で、現在では演じる余地はないが、落語の歴史を語る上で欠くことの出来ない作品である。
小勝は数字を扱うのが得意で、立て板に水の数字並べが続く。舞台に出ると「ゴム屋ッ!」と声が掛かるほどの人気で、特に夫婦喧嘩の奥さんがヒステリックにわめ
くところが大受けだったという。
三代目 三遊亭圓歌はこの噺を聞いて、自分も浪曲が好きだから入れてみようと思い、「授業中」に使って大ヒットする。

Sponsored Link

 - 三升家小勝(六代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三升家小勝mimasuya-kokatu
三升家小勝(六代目)嘘つき弥次郎(うそつき弥次郎)

弥次郎(やじろう)は落語の演目の一つ。嘘つき弥次郎(うそつき弥次郎)とも。 上方 …

三升家小勝mimasuya-kokatu
三升家小勝(六代目)権兵衛狸

プロフィール 6代目三升家 小勝(みますや こかつ、1908年8月3日 R …