【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)吉住万蔵(よしずみまんぞう)

   

Sponsored Link

 

四代目邑井貞吉(むらいていきち)からこの人情話を教わり、サゲをつけて高座にかけたもの。

Sponsored Link

京橋に住む吉住万蔵という鳴り物師が、高崎の旦那のところへ行った帰りに熊谷の宿に泊まる。ここの娘のお稲に稽古をつけてからいい仲になるが、江戸へ戻ると懐都合が良くなり、お稲のことを忘れてしまう。そうしているうちに金に困るようになり、高崎の旦那に何とかしてもらおうと出掛け、熊谷でお稲を思い出す。さっそく宿へ行くが、忌中の札が下がっており、他の宿で尋ねるとお稲が妊娠して昨夜井戸に飛び込んで死んだという。葬儀の行列が通るのを宿の二階から拝んでいたが、寺から迎えが来て、三日間通夜をして一言も声を出さなければ助かるが、そうでなければ死んでしまうといわれる。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目) 艶笑噺(えんしょうばなし・おいろけばなし)
三遊亭圓生(六代目)洒落小町

★聴き比べ ⇒ 立川談志 洒落小町 ガチャガチャのお松とあだ名される騒々しい女房 …

■三遊亭圓生(六代目) 雁風呂

水戸黄門様がわずか3人の供を連れて東海道を江戸から上ってきた。遠州掛川に着いた時 …

no image
三遊亭圓生(六代目) けち競べ
三遊亭圓生(六代目)やかん

  あらすじ この世に知らないものはないと広言する隠居。 長屋の八五郎 …

■三遊亭圓生(六代目)三年目

三年目(さんねんめ)は古典落語(江戸落語)の演目の一つ。 4代橘家圓喬(たちばな …

三遊亭圓生(六代目)花筏

相撲の親方が、銚子の祭相撲に人気力士の花筏を出す契約をしたが、花筏が病気のため、 …

三遊亭圓生(六代目)首提灯【芸術祭文部大臣賞受賞】

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

三遊亭圓生(六代目)粥やろう(かいやろう)

『粥やろう』は古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。「国太夫節」とも。「国太夫節」 …

三遊亭圓生(六代目)汲みたて

稽古事の師匠は若い女性に限ります。 暑いさなか当然男連中のお弟子さんが付きます。 …