【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)吉住万蔵(よしずみまんぞう)

   

Sponsored Link

 

四代目邑井貞吉(むらいていきち)からこの人情話を教わり、サゲをつけて高座にかけたもの。

Sponsored Link

京橋に住む吉住万蔵という鳴り物師が、高崎の旦那のところへ行った帰りに熊谷の宿に泊まる。ここの娘のお稲に稽古をつけてからいい仲になるが、江戸へ戻ると懐都合が良くなり、お稲のことを忘れてしまう。そうしているうちに金に困るようになり、高崎の旦那に何とかしてもらおうと出掛け、熊谷でお稲を思い出す。さっそく宿へ行くが、忌中の札が下がっており、他の宿で尋ねるとお稲が妊娠して昨夜井戸に飛び込んで死んだという。葬儀の行列が通るのを宿の二階から拝んでいたが、寺から迎えが来て、三日間通夜をして一言も声を出さなければ助かるが、そうでなければ死んでしまうといわれる。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)無学者論に負けず(やかん)

根問いもの。『やかん』別題 ぶっつけ落ち

三遊亭圓生(六代目)花筏

相撲の親方が、銚子の祭相撲に人気力士の花筏を出す契約をしたが、花筏が病気のため、 …

三遊亭圓生(六代目) 初音の鼓

あらすじ さる殿様のお城に使える三太夫は、来る度に殿に胡散臭いものを売りつける古 …

三遊亭圓生(六代目) 心のともしび(心の灯火)

長屋暮らしで傘張りで生活している浪人。今日もうまのあう町人が遊びに来る。字を教え …

三遊亭圓生(六代目) 佐々木政談(池田大助)

あらすじ 嘉永年間に南の町奉行へ、佐々木信濃守と言う方が職につきましたが、調べの …

三遊亭圓生(六代目) 小判一両

これは江戸の中頃のお話しでございますが、今戸八幡様の鳥居前に茶店がございまして、 …

■三遊亭圓生(六代目) 盃の殿様

あらすじ 西国から参勤交代で江戸にやってきたあるお大名。 ここのところ、過労もあ …

三遊亭圓生(六代目) 文七元結

あらすじ 左官の長兵衛は、腕は立つのだが、無類のばくち好きが高じて、仕事もせずに …

三遊亭圓生(六代目) ちきり伊勢屋

易者の白井左近は易が上手く、知人の旗本中川右馬之丞の災難を予言して一命を助けたこ …

三遊亭圓生(六代目) 遠山政談