【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)吉住万蔵(よしずみまんぞう)

   

Sponsored Link

 

四代目邑井貞吉(むらいていきち)からこの人情話を教わり、サゲをつけて高座にかけたもの。

Sponsored Link

京橋に住む吉住万蔵という鳴り物師が、高崎の旦那のところへ行った帰りに熊谷の宿に泊まる。ここの娘のお稲に稽古をつけてからいい仲になるが、江戸へ戻ると懐都合が良くなり、お稲のことを忘れてしまう。そうしているうちに金に困るようになり、高崎の旦那に何とかしてもらおうと出掛け、熊谷でお稲を思い出す。さっそく宿へ行くが、忌中の札が下がっており、他の宿で尋ねるとお稲が妊娠して昨夜井戸に飛び込んで死んだという。葬儀の行列が通るのを宿の二階から拝んでいたが、寺から迎えが来て、三日間通夜をして一言も声を出さなければ助かるが、そうでなければ死んでしまうといわれる。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目) ちきり伊勢屋

易者の白井左近は易が上手く、知人の旗本中川右馬之丞の災難を予言して一命を助けたこ …

■三遊亭圓生(六代目) ねずみ穴(鼠穴)

川柳川柳が落語家になろうと師匠と決めた縁の一席でございます。 あらすじ 亡くなっ …

三遊亭圓生(六代目)怪談牡丹灯籠(栗橋宿・おみね殺し/関口屋強請)

栗橋宿・おみね殺し 関口屋強請(0:39:25~) [怪談牡丹燈籠]

三遊亭圓生(六代目)無学者論に負けず(やかん)

根問いもの。『やかん』別題 ぶっつけ落ち

三遊亭圓生(六代目)しの字嫌い

しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語の演目の一つ。上方落語ではしの字丁稚(しのじ …

三遊亭圓生(六代目)てれすこ
■三遊亭圓生(六代目) 百川

) 昭和53(1978)年4月25日 第120回落語研究会 国立小劇場 圓生77 …

三遊亭圓生(六代目)二階の間男(二階借り)

『二階借り』は、落語の演目。艶笑物。『茶漬間男』『二階の間男』という題のときもあ …

三遊亭圓生(六代目) 質屋庫(質屋蔵)
三遊亭圓生(六代目)樟脳玉(しょうのうだま)

あらすじ お人良しで気が弱く、正直者で愛妻家の捻兵衛(ねじべえ)さんが、女房に先 …