【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)夏の医者

      2018/12/10

Sponsored Link

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。

原話は、明和2年(1765年)に出版された笑話本・『軽口独狂言』の一遍である「蛇(うわばみ)の毒あたり」。

主な演者として、6代目三遊亭圓生や2代目桂枝雀、三遊亭鳳楽などがいる。

あらすじ

暑い夏……鹿島村の勘太もダウンしたのか、ご飯を茶碗に七、八杯しか食べることが出来ない。

「もう歳だから」と息子が心配していると、見舞いに来たおじさんが「隣の一本松村の玄伯先生に往診してもらえば」と言う。

それを聞いた息子はおじさんに留守を頼み、ばっちょう笠に襦袢一枚、山すそを回って六里の道を呼びに行った。

汗だくになって訪ねてみると、玄白先生は畑で草取りの真っ最中。早速頼み込み、息子が薬籠を背負って二人で村を出発した。

「山越えのほうが近道だべ」

先生がそう言うので、二人で山の中をテクテク。山頂に着いたときには二人とも汗びっしょりになっていた。

そこでしばらく休憩し、さぁでかけよう…とした所で、なぜかあたりが真っ暗になった。
周囲はなぜか温かい、はておかしいと考えて……

「こりゃいかねえ。この山には、年古く住むウワバミがいるてえことは聞いちゃいたが、こりゃ、飲まれたかな?」

「どうするだ、先生」

「どうするだっちって、こうしていると、じわじわ溶けていくべえ」

うっかり脇差を忘れてしまい、腹を裂いて出ることもできない。

どうしようかと考えている先生の頭に、あるひらめきが舞い降りた。

息子に預けた薬籠を渡してもらい、中から大黄の粉末を取り出すと、ウワバミの腹の中へパラパラ……

『初体験』の大黄に、ウワバミは七転八倒…ドターンバターン!

「薬が効いてきたな。向こうに灯が見えるべえ、あれが尻の穴だ」

ようやく二人は下されて、草の中に放り出された。

転がるように山を下り、先生、さっそく診察すると、ただの食あたりとわかった。

「なんぞ、えかく食ったじゃねえけ?」

「あ、そうだ。チシャの胡麻よごし食いました。とっつぁま、えかく好物だで」

「それはいかねえ。夏のチシャは腹へ障(さわ)ることあるだで」

薬を調合しようとすると、薬籠はうわばみの腹の中に忘れてきてない。

困った先生、もう一度飲まれて取ってこようと、再び山の上へ登っていく。

一方…こちらは山頂のウワバミさん。

下剤のせいですっかりグロッキーになってしまい、松の大木に首をダランと掛けてあえいでいた。

「あんたに飲まれた医者だがな、腹ん中へ忘れ物をしたで、もういっぺん飲んでもれえてえがな」

ウワバミは首を横に振っていやいや。

「もういやだ。夏の医者は腹へ障る」

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂枝雀(二代目)日和違い(日和ちがい)

あらすじ ある男が、出かけるにあたり雨に降られたら困る、というので天気はどうか、 …

桂枝雀(二代目)猫

あらすじ わたしは猫です。 名前を五郎といい、っちゅうか、今の飼い主の付けた名が …

■桂枝雀(二代目)延陽伯(たらちね)

あらすじ 長屋の世話好きな大家さんが、店子の八つあん(八五郎)に嫁の話をもちかけ …

桂枝雀(二代目)こぶ弁慶

  『こぶ弁慶』(こぶべんけい)は上方落語の演目の一つ。『大津の宿瘤弁慶』とも。 …

桂枝雀(二代目)胴斬り

あらすじ 時は幕末。何かと言うと物騒な時代で、巷には辻斬りが横行したという。 あ …

桂枝雀(二代目)ひつじ(干支落語シリーズ1991辛未)

桂枝雀 ひつじ 原作:小佐田定雄氏、「干支落語シリーズ1991」 「叔父さん、ほ …

■桂枝雀(二代目)壷算(つぼ算)

壷算(つぼざん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出版さ …

桂枝雀(二代目)煮売屋
桂枝雀(二代目)うなぎや

あらすじ 新しく開業した鰻屋の主人が、上手に鰻を捌けないどころかつかむこともでき …

桂枝雀(二代目)七度狐

『七度狐』(しちどぎつね/ななたびきつね)または『七度狐庵寺潰し』(しちどぎつね …