【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

林家彦六(八代目 林家正蔵)ステテコ誕生

   

Sponsored Link


「ステテコ踊り」で有名になった明治時代の落語家、初代三遊亭圓遊にまつわる噺。

「ステテコ踊り」とは、明治13年頃、寄席で舞っていた踊りで、踊りの足下から見えていた下着がステテコと呼ばれた。

Sponsored Link

 - 林家彦六(八代目 林家正蔵) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

林家彦六(八代目 林家正蔵)首提灯

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

林家彦六(八代目 林家正蔵)菊模様皿山奇談(弐)~楼門の場

かつて将軍家から拝領した菊模様の三十枚の皿、この皿を割った者は指を切るとの遺言が …

林家彦六(八代目 林家正蔵)普段の袴

あらすじ 上野広小路の御成街道には、お侍相手の武具店が多くあった。 そのうちの一 …

林家彦六(八代目 林家正蔵)しわい屋

ある吝嗇家の処にこれまたケチな男がケチの極意を教わりにやってきます。 まず扇子の …

林家彦六(八代目 林家正蔵)年枝の怪談(ねんしのかいだん)

あらすじ 春風亭柳枝の弟子で、若手の年枝が宿屋で呼んだ按摩が、年枝と悉くぶつかっ …

林家彦六(八代目 林家正蔵)永代橋

御徒町の古着屋の太兵衛と同居している武兵衛は二人ともそそっかしい。 祭り好きな武 …

林家彦六(八代目 林家正蔵)目黒のさんま

目黒のさんま(めぐろのさんま)は落語の噺の一つである。 さんまという下魚(低級な …

林家彦六(八代目 林家正蔵)生きている小平次

江戸木挽町の山村座から奥州路に旅興行に出ましたが、その中に小役者の小幡小平次(こ …

林家彦六(八代目 林家正蔵)紫檀楼古木(したんろうふるき)

  あらすじ ある冬の夕暮れ、薬研堀のさる家。 なかなかおつな年増で、 …

■林家彦六(八代目 林家正蔵)中村仲蔵

あらすじ 明和3年(1766年)のこと。 苦労の末、名題(なだい)に昇進にした中 …