【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

林家彦六(八代目 林家正蔵)ステテコ誕生

   

Sponsored Link


「ステテコ踊り」で有名になった明治時代の落語家、初代三遊亭圓遊にまつわる噺。

「ステテコ踊り」とは、明治13年頃、寄席で舞っていた踊りで、踊りの足下から見えていた下着がステテコと呼ばれた。

Sponsored Link

 - 林家彦六(八代目 林家正蔵) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

林家彦六(八代目 林家正蔵) めだか

高知の須崎の港、廻船問屋の大黒屋満七は大変人がよく仏の満さん呼ばれていた。子供が …

林家彦六(八代目 林家正蔵) 笠と赤い風車

浅草馬道にお豆腐屋さんの嘉吉(かきち)という店があった。夫婦の間に男の子が産まれ …

■林家彦六(八代目 林家正蔵) 戸田の渡し(お紺殺し)
林家彦六(八代目 林家正蔵)指切り

『者(しゃ)』のつく職業は大変です。学者、医者、易者、役者、芸者、噺家は者が付き …

林家彦六(八代目 林家正蔵)二つ面

昔は寄席で一年中怪談噺をしたものです。一朝老人なんかもやっていましたが、ただ、正 …

林家彦六(八代目 林家正蔵)生きている小平次

江戸木挽町の山村座から奥州路に旅興行に出ましたが、その中に小役者の小幡小平次(こ …

林家彦六(八代目 林家正蔵)蒟蒻問答(こんにゃく問答)

[落語でブッダ2-収録]

林家彦六(八代目 林家正蔵)耳無し芳一(耳なし芳一)

原作;耳無芳一の話(ラフカディオ・ハーン) THE STORY OF MIMI- …

林家彦六(八代目 林家正蔵)菊模様皿山奇談(壱)~親子地蔵の場

かつて将軍家から拝領した菊模様の三十枚の皿、この皿を割った者は指を切るとの遺言が …

林家彦六(八代目 林家正蔵)年枝の怪談(ねんしのかいだん)

あらすじ 春風亭柳枝の弟子で、若手の年枝が宿屋で呼んだ按摩が、年枝と悉くぶつかっ …