【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■金原亭馬生(十代目)崇徳院

   

Sponsored Link

『崇徳院』(すとくいん)は、古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、後に東京でも口演されるようになった。
一門の垣根を越えて幅広く演じられているが、30分程度を要する大ネタであるため、普通の寄席ではベテランの噺家でないと持ち時間的に演じることはできない。
独演会などの落語会で、中入り前やトリの演目として出されることが多い。
この作品は初代桂文治の作といわれ、後世に改作などを繰り返し現在の形になったとされる。

Sponsored Link

 - 金原亭馬生(十代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

金原亭馬生(十代目)あくび指南

町内の、もと医者が住んでいた空家に、最近変わった看板がかけられた。墨黒々と「あく …

金原亭馬生(十代目)夢金
金原亭馬生(十代目)花見の仇討
■金原亭馬生(十代目)鰍沢

おやじの骨を身延山に納めるため、参詣かたがたはるばる江戸からやってきた新助。 帰 …

金原亭馬生(十代目)鈴振り(鈴まら)

★聴き比べ→古今亭志ん生

金原亭馬生(十代目)ざる屋(ざるや)

縁起担ぎのお噺です。元は上方ネタで、上方では「米揚げいかき」の題で演じられます。 …

金原亭馬生(十代目)吝い屋(しわい屋)
金原亭馬生(十代目)王子の狐

王子の狐(おうじのきつね)は、落語の噺の一つ。 初代三遊亭圓右が上方噺の高倉狐を …

金原亭馬生(十代目)道具屋
金原亭馬生(十代目)花筏