【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん朝/崇徳院

   

Sponsored Link

あらすじ

若だんながこのところ患いつき、飯も喉に通らないありさまで衰弱するばかり。
医者が「これはなにか心に思い詰めていることが原因で、それをかなえてやれば病気は治る」
と言うので、しつこく問いただしてもいっこうに口を割らない。

ようやく、出入りの熊さんになら話してもいいと若だんなが言うので、だんなは大急ぎで呼びにやる。
熊さんが部屋に入ってみると、若だんなは息も絶え絶え、葬儀屋に電話した方が早道というようす。
話を聞いても笑わないことを条件に熊さんがやっと聞き出した病気のもとというのが恋煩い。

二十日ばかり前に上野の清水さまに参詣に行った時、清水堂の茶店に若だんなが腰を掛けて景色を眺めていると、目の前にお供の女中を三人つれたお嬢さんが腰を掛けた。

それがまた、水の垂たたるようないい女で、若だんなが思わず見とれていると、娘もじっとこちらを見る。
しばらくすると茶袱紗を落としたのも気がつかず立ち上がるので、追いかけて手渡したちょうどその時、桜の枝から短冊が、糸が切れてはらりと落ちてきた。
見ると「瀬を早み岩にせかるる滝川の」
と、書いてある。

これは下の句が「われても末に逢はむとぞ思ふ」
という崇徳院の歌。

娘はそれを読むと、何を思ったか、若だんなの傍に短冊を置き軽く会釈して行ってしまった。
この歌は、別れても末には添い遂げようという心なので、それ以来何を見てもあのお嬢さんの顔に見える、というわけ。

熊さん、何だ、そんなことなら心配ねえ、わっちが大だんなに掛け合いましょうと安請け合いして、短冊を借りると早速報告。
だんな、いつまでも子供だ子供だと思っていたがと、ため息をつき、その娘を何としても捜し出してくれと頼む。

もし捜し出せなければ、せがれは五日以内に間違いなく死ぬから、おまえはせがれの仇、必ず名乗って出てやると、脅かされたから、大変。
帰って、かみさんに相談すると
「もし見つければあのだんなのこと、おまえさんを大家にしてくれるかもしれない」
と、尻をたたかれ
「とにかく手掛かりはこの歌しかないから、湯屋だろうが床屋だろうが往来だろうが、人の大勢いる所を狙って歌をがなってお歩き。今日中に見つけないと家に入れないよ」
と、追い出される。

さあそれから湯屋に十八軒、床屋に三十六軒。
セヲハヤミセヲハヤミーと、がなって歩いて、夕方にはフラフラ。
ことによると、若だんなよりこちとらの方が先ィ行っちまいかねねえと嘆いていると、三十六軒目の床屋で、突然飛び込んできた男が、出入り先のお嬢さんが恋煩いで寝込んでいて、日本中探しても相手の男を探してこいというだんなの命令で、これから四国へ飛ぶところだと話すのが耳に入る。

さあ、もう逃がさねえと熊五郎、男の胸ぐらに武者振りついた。
「なんだ? じゃてめえん所の若だんなか? てめえを家のお店に」
「てめえこそ家のお店に」
ともみ合っているうち、床屋の鏡を壊した。
「おい、話をすりゃあわかるんだ。
家の鏡を割っちまってどうするんだ」
「親方、心配するねえ。
割れても末に買わんとぞ思う」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん朝/二十四孝

長屋の乱暴者の職人、三日にあけずにけんか騒ぎをやらかすので、大家も頭が痛い。 今 …

★古今亭志ん朝 子別れ・下

子別れ(こわかれ)は古典落語の演目の一つ。 柳派の初代春風亭柳枝の創作落語で、3 …

古今亭志ん朝 百年目

あらすじ ある大店の一番番頭・冶兵衛。 四十三だが、まだ独り身で店に居付き。 こ …

古今亭志ん朝/碁泥(碁どろ)

碁泥(ごどろ)は、落語の演目の1つ。上方では「碁打盗人」と呼ぶ。 現在は主に東京 …

古今亭志ん朝 居残り佐平次

右を向いても左を向いても貧乏人が集まったとある長屋。 その輪にいた佐平次という男 …

古今亭志ん朝 二番煎じ

原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の …

古今亭志ん朝/化け物使い

あらすじ 本所に独居する、元・御家人の吉田の隠居は人使いが荒いので有名。 桂庵( …

古今亭志ん朝 蔵前駕籠(蔵前駕篭)

蔵前駕籠(くらまえかご)は古典落語の演目の一つ。 原話は、「今昔物語」第二十八刊 …

【親子リレー落語】 古今亭志ん生・志ん朝・金原亭馬生【富久】

【親子リレー落語】古今亭志ん生・古今亭志ん朝・金原亭馬生【富久】 親子三人による …

古今亭志ん朝 茶金(はてなの茶碗)

あらすじ 江戸出身の油屋が、清水の茶店で、有名な道具屋の茶金さんが店の湯飲をまじ …