【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭円歌(二代目)写真の仇討ち(指切り)

      2018/09/21

Sponsored Link

[昭和37年(1962年)11月の音源]
原典は司馬遷作『史記』中『刺客列伝』
豫譲(よじょう)と趙襄子(ちょうじょうし)[※趙無恤(ちょうぶじゅつ)]の話をもとにしたもの。


戦後、八代目林家正蔵が『指切り』と題して演じた。

Sponsored Link

 - 三遊亭円歌(二代目) , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭円歌(二代目) 壺

別題:壷の幽霊。初代林家正楽(一柳金次郎)作。

三遊亭円歌(二代目)さんま芝居

五代目柳亭燕路(りゅうていえんじ)作 あらすじ 兄貴との旅から帰ってきた弟分。 …

三遊亭円歌(二代目)染色(染め色)

一言メモ 東京オリンピック開催の年:1964年(昭和39年)2月22日録音(歴史 …

三遊亭円歌(二代目) 姫はじめ

元話は『わしがかか』で『宿屋ぼぼ』とほぼ同じ。これを円歌が姫はじめと題して演じた …

三遊亭円歌(二代目)首ったけ

原話は複数ある。 米沢彦八による江戸中期の噺本(はなしぼん)『軽口大矢数』より、 …

三遊亭円歌(二代目)ふぐ鍋(河豚鍋)

もとは上方落語の『ふぐ汁』

三遊亭円歌(二代目)なめる
三遊亭円歌(二代目)竜宮界龍の都(竜宮・龍宮)

あらすじ 九州小倉と大坂を往復する船に乗り込んだ男が、三十両の大金を海に落とした …

三遊亭円歌(二代目) 春の雪
三遊亭円歌(二代目)トラタク