【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

「 ■動画 」 一覧

■桂枝雀(二代目)池田の猪買い(いけだのししかい)

池田の猪買い(いけだのししかい)は上方落語の演目で、北の旅噺の一つ。初代露の五郎 …

■三遊亭金馬(三代目)薮入り

藪入り かくばかり偽り多き世の中に子のかわいさは真なりけり」「立てば這え這えば歩 …

■春風亭柳朝(五代目)宿屋の仇討

宿屋仇(やどやがたき)は上方落語の演目の一つ。「日本橋宿屋仇」とも言う。東京では …

■春風亭柳朝(五代目)蛙茶番(かわずちゃばん)

蛙茶番(かわずちゃばん)は、古典落語の演目の一つ。元々、『五段目』という長編落語 …

■立川志の輔/お血脈(おけちみゃく)

  2019/12/15    立川志の輔 ,

立川志の輔『お血脈』 お血脈(おけちみゃく)は古典落語の演目の一つ。 会話劇の形 …

■快楽亭ブラック(二代目)大須演芸場強制執行日最後のトリ/お血脈(おけちみゃく)

2014年2月3日 名古屋大須演芸場に強制執行 明け渡し記念 無料特別講演最終日 …

■瀧川鯉昇/蕎麦処ベートーベン(時そばベートーベン)

時そばの改題の新作落語のようで…… 実はそうでもない、鯉昇師匠完璧オリジナルの創 …

■柳家小さん(五代目)強情灸

強情灸(ごうじょうきゅう)は古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の『やいと丁稚 …

桂枝雀(二代目)蔵丁稚(四段目)

『四段目』(よだんめ)は、古典落語の演目の一つ。上方では『蔵丁稚』(くらでっち) …

■三遊亭圓楽(五代目) 阿武松(おうのまつ)

あらすじ 京橋観世新道に住む武隈文右衛門という幕内関取の所に、名主の紹介状を持っ …

■三遊亭圓楽(五代目)花見の仇討

■三遊亭圓楽(五代目)垂乳女たらちね(延陽伯)

たらちねは江戸落語の演目の一つである。漢字表記は『垂乳女』。 上方落語で『延陽伯 …

■三遊亭小遊三/千早振る(ちはやふる)

■柳家小さん(五代目)うどん屋

柳家小さん 十八番「うどん屋」。 まくらは、くずや、そば屋の小声で呼ばれたほうが …

立川談志/ずっこけ

あらすじ 飲み屋が店をしまう時間なのに、熊さんは酔っ払って動こうとしない。 店の …

■柳家さん喬/肝潰し(肝つぶし)

『肝つぶし』(きもつぶし)は、上方落語の演目の一つ。主な噺家は二代目桂ざこば、六 …

■桂枝雀(二代目)蛇含草(そば清)

あらすじ 夏のある日。一人の男が甚平を着て友人(東京では隠居)の家に遊びに行った …

■古今亭志ん朝 そば清(蛇含草)

■立川談志/紙入れ

■立川志らく/青菜

  2019/08/04    立川志らく ,

立川志らく『青菜』 あらすじ 初夏のさわやかなある日、隠居が出入りの植木屋と話を …

■桂枝雀(二代目)仔猫

あらすじ おなべという女子衆(下女)が勤めにやってくる。器量は良くないのだが働き …

■桂枝雀(二代目)持参金

持参金(じさんきん)は、落語の演目の一つ。落語によくある、結婚がらみの話ではある …

■桂枝雀(二代目)軒づけ

あらすじ 根っからの浄瑠璃好きな男が、浚いの会で「忠臣蔵」の四段目を語ったが大失 …

■桂枝雀(二代目)日和違い(日和ちがい)

あらすじ ある男が、出かけるにあたり雨に降られたら困る、というので天気はどうか、 …

■桂歌丸/後生鰻

桂歌丸(かつら うたまる、1936年〈昭和11年〉8月14日 – 2 …

■桂枝雀(二代目)皿屋敷(お菊の皿)

あらすじ 播州赤穂城下の怪奇譚に、有名な皿屋敷というのがあった。 その昔、青山鉄 …

■桂枝雀(二代目)舟弁慶(船弁慶)

あらすじ ある日、喜六が家でぼんやりと留守番をしていると、友人の清八が「涼みがて …

■桂枝雀(二代目)質屋蔵

質屋蔵は古典落語の一つ。元々は上方落語の演目で、東京に移入された時期は不明。 三 …

■古今亭志ん朝/反魂香(高尾)

『反魂香』(はんごんこう)または『高尾』(たかお)は古典落語の演目の一つ。原話は …

■古今亭圓菊(二代目)反魂香(高尾)

『反魂香』(はんごんこう)または『高尾』(たかお)は古典落語の演目の一つ。原話は …