【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

「 ■動画 」 一覧

■三遊亭圓生(六代目) 雁風呂

水戸黄門様がわずか3人の供を連れて東海道を江戸から上ってきた。遠州掛川に着いた時 …

■コント55号 霊媒師

  2014/10/27    漫才 ,

■コント55号  野鳥の会

  2014/10/26    漫才 ,

■古今亭志ん朝 付き馬

あらすじ ひやかしの客が見世を覗いているので、ぎゅうが一生懸命勧めるが、金が無い …

■笑福亭福笑 葬儀屋さん

親が死ぬ愁嘆場がたちまち遺族の欲と非常識の博覧会にかわり、そこに、ええキャラクタ …

■古今亭志ん生(五代目) おかめ団子

江戸時代飯倉片町におかめ団子という団子屋さんが有った。この店の一人娘にお亀さんと …

■笑福亭福笑 もう一つの日本

■三遊亭白鳥 新婚妄想曲

富山県の漁業の町。高校時代、町のアイドルだった「みなみちゃん」が、東京から故郷の …

■桂文楽(八代目) かんしゃく

『かんしゃく』は落語の演目。 三井財閥の一族で実業家・劇作家の益田太郎冠者が初代 …

■桂米朝(三代目) べかこ(べかこ鶏・べっかこう)

泥丹坊堅丸という地方まわりの上方の噺家。 肥前武雄の湯治場(温泉)で、たまたま逗 …

■林家彦六(八代目 林家正蔵)五人廻し

■桂文枝(六代目) 誕生日(桂三枝)

2005年8月作品

■林家彦六(八代目 林家正蔵) 戸田の渡し(お紺殺し)

■柳家権太楼(三代目) 占い八百屋(御神酒徳利)

八百屋が御用聞きに来たが、女中が大掃除で忙しいので存在な口をきいたのに腹を立て、 …

■林家彦六(八代目 林家正蔵) 五月雨坊主

神田・橋本町に願人坊主が多く住んでいた。 文政6年、江戸も爛熟していたが、五月雨 …

■柳家権太楼(三代目) 黄金の大黒(きんのだいこく)

貧乏長屋の住人に、大家さんから招集がかかる。なんでも、おめでたいことがあるのでご …

■三遊亭圓生(六代目) 後家殺し

おかみさんが居ないのが好都合だと言い、男が聞き始めた。 表の伊勢屋の後家と常吉は …

■三遊亭圓生(六代目) 寝床

蜀山にも皮肉られたほど、明治・大正の頃大変素人義太夫が盛んになった。 定吉に命じ …

■古今亭圓菊(二代目) 反魂香(高尾)

『反魂香』(はんごんこう)または『高尾』(たかお)は古典落語の演目の一つ。原話は …

■古今亭圓菊(二代目)幾代餅(いくよもち)

「搗き米屋(精米業者)に勤める清蔵が幾代太夫に恋をし、一途な清蔵にほだされた幾代 …

■古今亭圓菊(二代目)明烏

明烏(あけがらす)は、落語の演目の一つ。新内節の「明烏夢泡雪」を下敷きにしており …

■桂吉朝/蛸芝居

舞台は、船場へんの商家。総じての芝居好き。朝、起きるのでも、一通りのことでは、起 …

■三遊亭圓生(六代目) 百川

) 昭和53(1978)年4月25日 第120回落語研究会 国立小劇場 圓生77 …

■桂吉朝の貴重な漫才(米朝一門会)

  2014/04/06    桂吉朝 ,

1985年頃 桂九雀・桂吉朝・桂小米朝

■桂米朝(三代目) いもりの黒焼き

) 東京に移植された形跡がない純粋な上方落語 ※モテかた指南関連 ⇒ 立川談志の …

■柳家三三 情熱大陸より

  2014/03/28    柳家三三

小三治師匠の弟子への指導 思いを身体の中に入れて、表に出さない。噺なんだから。所 …

■柳家三三 橋場の雪(夢の瀬川)

関連落語 『橋場の雪(夢の瀬川)』の一部だったものが、独立して一つの噺となったも …

■快楽亭ブラック(二代目) 大須演芸場強制執行日最後のトリ お血脈

2014年2月3日 名古屋大須演芸場に強制執行 明け渡し記念 無料特別講演最終日 …

■立川談志 紺屋高尾

あらすじ 神田紺屋町、染物屋の吉兵衛さんの職人で久蔵さんが寝付いてしまった。 話 …

■柳家小三治(十代目) もぐら泥

あらすじ 大晦日だというのに、女房がむだ遣いしてしまい、やりくりに困っているだん …