【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

「 ★艶笑落語・艶笑噺 」 一覧

★古今亭志ん生(五代目)風呂敷

風呂敷(ふろしき・ふるしき)は古典落語の演目の一つ。別題は『風呂敷間男』。 原話 …

★露の五郎兵衛(二代目)粉つぎ屋(ふんつぎや)

「粉つぎ屋」というお商売がございます。割れた陶器などを麦漆で接ぎ、金や銀で装飾を …

★春風亭小朝/目薬(めぐすり)

あらすじ 主人公は職人さん。なかでも出職といい、大工や左官といった現場に出向いて …

★三遊亭圓生(六代目)なめる

なめるは、落語の演目の一つ。『今昔物語集』に原型がある艶笑噺。 別題は『重ね菊』 …

★露の五郎兵衛(二代目)金瓶梅

★三遊亭金馬(三代目)随談 艶笑見聞録

★古今亭志ん生(五代目)姫かたり

姫かたり(ひめかたり)は古典落語の演目の一つ。 主な演者として、5代目古今亭志ん …

★笑福亭松鶴(六代目)狸茶屋(金玉茶屋)※たぬきの金玉の大きさは銀杏程度(トリビア)

落語 「たぬき茶屋」 笑福亭松鶴(六代目) 病気で●んたまの腫れ上がった男がお茶 …

★三遊亭圓楽(五代目)町内の若い衆

  あらすじ 大工の八五郎が御店(おたな)の家のそばを通りかかったので …

★鈴々舎馬風(五代目)欣弥め(きんやめ)

欣弥め 鈴々舎馬風 欣弥め(きんやめ)は、古典落語の演目の一つ。 「艶笑落語(バ …

★古今亭志ん生(五代目)氏子中(町内の若い衆)

あらすじ ・氏子中(うじこじゅう) ある日、商用で出かけた亭主が出先から帰宅する …

古今亭志ん朝/紙入れ

別題:紙入れの間男/紙入れ間男/紙入間男 原話は安永三年の「豆談義」 明治時代の …

古今亭志ん生(五代目)紙入れ

解説 間男噺で『風呂敷』とよく似ている。やり方によっては艶笑的になるが、それが嫌 …

柳家小さん(五代目)紙入れ

貸本屋の新吉。出入り先のおかみさんから、今日は旦那の帰りがないから泊まりにおいで …

立川談志/ずっこけ

あらすじ 飲み屋が店をしまう時間なのに、熊さんは酔っ払って動こうとしない。 店の …

★林家三平(初代)艶笑落語(千夜一夜)

★笑福亭松鶴(六代目)近所づきあい

■立川談志/紙入れ

露の五郎兵衛(二代目)三人旅~浮之尼買い

世間一般、まだ旅行が特別な行事であった時代には家族、隣近所、あるいは自分自身にと …

三遊亭金馬(三代目)艶笑江戸小噺

桂春團治(三代目)有馬小便(ありましょんべん)

上方落語の演目の一つ。原話は、米沢彦八が元禄16年(1703年)に出版した「軽口 …

露の五郎兵衛(二代目)トンボさし

捕虫網を手に持ち、虫カゴをぶら下げてトンボを追いかける。パソコンやゲーム機なんて …

露の五郎兵衛(二代目)医者間男

露の五郎兵衛(二代目)小咄:もう一合/鞍馬の天狗

露の五郎兵衛(二代目)女護ヶ島(にょごがしま)

露の五郎兵衛(二代目)いいえ(佐野川市松・嵐民弥/尾上多美江・多美江尻)

普通の高座ではまずかけられることがない、お座敷とか特別な会などでしか聴くことの出 …

露の五郎兵衛(二代目)赤貝猫

露の五郎兵衛(二代目)下口

男と女が夫婦になって、いったい何をすればよいのか、全く知らないという男の噺&#8 …

露の五郎兵衛(二代目)大名道具

戦国時代ならいざ知らず、太平の世の大名は世継ぎを残すこと、つまり夜の「あッふん」 …

露の五郎兵衛(二代目)道鏡

大きぃといぅことになりますと、日本中で一番大きかったといぅのが弓削の道鏡といぅ、 …