【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

「 ★艶笑落語・艶笑噺 」 一覧

笑福亭松鶴(六代目)狸茶屋(金玉茶屋)※たぬきの金玉の大きさは銀杏程度(トリビア)

病気で●んたまの腫れ上がった男がお茶屋に遊びに行った。 二階へ上がりますと、いつ …

露の五郎兵衛(二代目)蟹と行者

露の五郎兵衛(二代目)指は知っていた

露の五郎兵衛(二代目)お好み吸い物

「お好み吸物」という看板が出て、どんな吸物でも作りますと宣伝している。 侍夫婦と …

露の五郎兵衛(二代目)上方艶笑小咄集

露の五郎兵衛(二代目)宿屋かか(宿屋嬶)

宿屋嬶(やどやかか)は上方落語の演目の一つ。艶笑噺(ばれネタ)に属する。 あらす …

■古今亭志ん生(五代目)風呂敷

風呂敷(ふろしき・ふるしき)は古典落語の演目の一つ。別題は『風呂敷間男』。 原話 …

■林家三平(初代)艶笑落語(千夜一夜)【9.20 命日にしみじみ聴く落語】

三遊亭圓楽(五代目)町内の若い衆

  あらすじ 大工の八五郎が御店(おたな)の家のそばを通りかかったので …

春風亭柳枝(八代目) 熊の皮

. 小咄から発展したものであり、江戸期の文献では、 1773年(安永2年)に出版 …

柳家喬太郎 宗漢(そうかん)

露の五郎兵衛(二代目)プロフィール

プロフィール 2代目 露の五郎兵衛(2だいめ つゆの ごろべえ、1932年3月5 …

三遊亭円歌(二代目) 姫はじめ

元話は『わしがかか』で『宿屋ぼぼ』とほぼ同じ。これを円歌が姫はじめと題して演じた …

三遊亭円歌(二代目)首ったけ

原話は複数ある。 米沢彦八による江戸中期の噺本(はなしぼん)『軽口大矢数』より、 …

三遊亭円歌(二代目) 和洋艶笑小噺

実にデリケートなお話です。

古今亭志ん生(五代目) 五銭の遊び(白銅の女郎買い)

あらすじ 吉原は女郎の格がピンからキリまでありますが、お金さえあればどんなに楽し …

笑福亭福笑 珍宝堂綺譚

少しでも大きくしたいという好き男、いそいそ珍宝堂へ出かけていくが…

三遊亭圓右(三代目) 春夏秋冬

三遊亭金馬(三代目) 随談 艶笑見聞録

桂文朝 熊の皮

あらすじ 横町の医者から、祝い事があったからと、赤飯が届けられた。 その礼に行か …

快楽亭ブラック(二代目) オマン公社(放送禁止落語)

放送禁止落語  

笑福亭松鶴(六代目)近所づきあい

柳家さん喬 徳ちゃん

落語 徳ちゃん 柳家さん喬噺家二人が、吉原を歩いていると、いかがわしい店の若い衆 …

春風亭小朝 目薬(めぐすり)

あらすじ 主人公は職人さん。なかでも出職といい、大工や左官といった現場に出向いて …

■立川談志 ずっこけ

あらすじ 飲み屋が店をしまう時間なのに、熊さんは酔っ払って動こうとしない。 店の …

■三遊亭圓生(六代目) なめる

なめるは、落語の演目の一つ。『今昔物語集』に原型がある艶笑噺。 別題は『重ね菊』 …

鈴々舎馬風(五代目) 欣弥め(きんやめ)

欣弥め 鈴々舎馬風 欣弥め(きんやめ)は、古典落語の演目の一つ。 「艶笑落語(バ …

古今亭志ん生(五代目) 氏子中(町内の若い衆)

あらすじ ・氏子中(うじこじゅう) ある日、商用で出かけた亭主が出先から帰宅する …

三遊亭圓生(六代目) 艶笑噺(えんしょうばなし・おいろけばなし)

no image

古今亭志ん生(五代目) 姫かたり

姫かたり(ひめかたり)は古典落語の演目の一つ。 主な演者として、5代目古今亭志ん …