【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

「 歴史的音源 」 一覧

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 夢の富

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 巻き返し

長崎抜天作

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 大出来大当り

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目)電報違い

初代三遊亭圓歌作 初代三遊亭圓歌(1876年6月10日 – 1927 …

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 染色

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 川開き

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 茶釜の喧嘩

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) てれすこ

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 将門(相馬良門雪夜話)

相馬良門雪夜話(そうまよしかどゆきのよばなし)

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 山岡角兵衛

『赤穂義士伝』をもとに地噺。別題:角兵衛の女房 これを円歌は、角兵衛の娘にしてい …

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目)ろくろ首(ろくろっ首)

三笑亭可楽(八代目)karaku

三笑亭可楽(八代目) 芝浜

昭和38年(1963年)4月の音源

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 姫はじめ

元話は『わしがかか』で『宿屋ぼぼ』とほぼ同じ。これを円歌が姫はじめと題して演じた …

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目)首ったけ

原話は複数ある。 米沢彦八による江戸中期の噺本(はなしぼん)『軽口大矢数』より、 …

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 柳の馬場

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 香典返し

大野桂作。原題は『息子の脛』(むすこのすね) マクラの艶笑噺は『縁の下の間男』

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 壺

別題:壷の幽霊。初代林家正楽(一柳金次郎)作。

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) 和洋艶笑小噺

実にデリケートなお話です。

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) なめる

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目) くしゃみ義太夫

『くしゃみ講釈』 の講釈師から義太夫語りに改めた二代目三遊亭円歌の貴重なバージョ …

三笑亭可楽(八代目)karaku

三笑亭可楽(八代目)笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …

三笑亭可楽(八代目)karaku

三笑亭可楽(八代目) にらみ返し

睨み返し・にらみ返し(にらみかえし)は、古典落語の演目の一つ。原話は、安永6年( …

三笑亭可楽(八代目)karaku

三笑亭可楽(八代目) うどん屋

あらすじ 酔っ払いが鼻歌に合わせて、うどん屋の屋台を揺らして倒れそうになった。 …

三笑亭可楽(八代目)karaku

三笑亭可楽(八代目)猫の災難

隣りの家から鯛の頭を貰った男。これを肴に一杯飲みたいが金がない。そこへ友達がやっ …

三笑亭可楽(八代目)karaku

三笑亭可楽(八代目) 付き馬

「居残り佐平次」のような噺ですが、この男は居残ることもなくまんまと勘定を踏み倒し …

三笑亭可楽(八代目)karaku

三笑亭可楽(八代目) たいこ腹

歴史的音源

三笑亭可楽(八代目)karaku

三笑亭可楽(八代目)明烏

三笑亭可楽(八代目)karaku

三笑亭可楽(八代目)らくだ【十八番】

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

春風亭柳枝(八代目)syunputeiryusi

春風亭柳枝(八代目) 節分

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo

古今亭志ん生(五代目) 亭主関白

別題:替わり目/元帳 SP盤歴史的音源 もとは『替わり目』というサゲからつけた題 …