【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

「 歴史的音源 」 一覧

柳家金語楼 強盗

柳家金語樓 落語 『強盗』

三遊亭歌笑(三代目) 音楽花電車

自ら破壊された顔の所有者、三遊亭歌笑である事を証明する。 銀座チャラチャラ人通り …

■古今亭志ん生(五代目) 昭和43年(1968)7月3日 78歳の映像

この映像は、昭和43(1968)年7月3日に東京12チャンネル(現・テレビ東京) …

■古今亭志ん生(五代目) 昭和39年(1964年) 74歳の映像

志ん生が74歳の時に紫綬褒章を受章した後、NHKのスタジオで「鰍沢」を演じた後の …

no image

朝寝坊むらく(六代目) 人情咄 塩原多助之伝

三遊亭歌笑(三代目) 妻を語る

歌笑が落語家になるきっかけは兵隊検査で丙種合格であったことに失望し上京したこと。 …

鈴々舎馬風(四代目) 権兵衛狸

あらすじ 田舎に一人住いをする権兵衛は百姓の傍ら髪結床を営んでいる。 当時の床屋 …

鈴々舎馬風(四代目) 病院日誌(闘病日記) 「鬼の馬風」

4代目(自称9代目)鈴々舎 馬風(れいれいしゃ ばふう) (1904年8月30日 …

橘家圓喬(四代目)三題咄~佃嶋/三月節句/囲物

橘家圓喬(四代目)菖蒲売の咄

橘家圓喬(四代目)曽我打丸(そがうちまる)小咄

歌舞伎:寿曽我対面(ことぶき そがのたいめん)の登場人物を入れ込んだ小噺。 『古 …

橘家圓喬(四代目)大学/手と足の喧嘩

『大学』(四書五経、書の一)と『手と足の喧嘩』 二つの小噺

橘家圓喬(四代目)柿と栗の喧嘩

橘家圓喬(四代目)魚売人(ぎょばいにん)

あらすじ 何でも音読みするのが漢学者の癖。漢学者、魚屋を「ぎょばいにん」と呼び、 …

三遊亭圓遊(初代) 湯屋番の鼻唄

三遊亭圓遊(初代) 滑稽裁判の噺

裁判の噺となっているが、最初は女性の頭の話、真ん中が演題の通り裁きの話、最後が豆 …

三遊亭圓遊(初代) 廓巨の釜の唄(かっきょのかまのうた)

三遊亭圓遊(初代) 地獄めぐり(地獄八景/地獄旅行)

三遊亭圓遊(初代) 寿司屋の噺

三遊亭圓遊(初代)野ざらし(向島浮かれの釣り好き)

明治36年録音 『野ざらし』は、圓遊の十八番もののひとつである。陽気な滑稽噺に改 …

三遊亭圓右(初代) アズサメ

三遊亭圓右(初代) 芝居咄 楽屋の穴

三遊亭圓右(初代) 向嶋

三遊亭圓右(初代)仏教の笑

初代三遊亭圓右(1860年6月15日 – 1924年11月2日)は、 …

三遊亭萬橘(三代目) 注意節

3代目 三遊亭 萬橘(さんゆうてい まんきつ) 1866年11月10日 &#82 …

蝶花楼馬楽(三代目) 長屋の花見(貧乏花見)

「貧乏花見は落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。江戸落語では「長屋の花 …

笑福亭松鶴(四代目) 愛宕参り

4代目 笑福亭松鶴(1869年 – 1942年8月20日)は、本名: …

桂文團治(三代目) 倹約の極意

3代目 桂文團治(1856年 – 1924年4月9日)は、本名: 前 …

橘家圓蔵(四代目)吉原一口噺

4代目橘家 圓蔵(たちばなや えんぞう、1864年 – 1922年2 …

桂春團治(初代) なさぬ仲(1913年録音)