【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

「 Shijaku Katsura 」 一覧

桂枝雀(二代目)恨み酒

あらすじ 開店前の飲み屋に入って来た男、 「何年も前に来たが、酒も肴もおいしかっ …

桂枝雀(二代目)戻り井戸

あらすじ ある男が気がつくと井戸の中にいる。 何が起こったのか判らないまま助けを …

桂枝雀(二代目)猫

あらすじ わたしは猫です。 名前を五郎といい、っちゅうか、今の飼い主の付けた名が …

■桂枝雀(二代目)英語落語 時うどん Rakugo in English Toki Udon by Katsura Shijaku

プロフィール 2代目桂 枝雀(かつら しじゃく、本名:前田 達(まえだ とおる) …

■桂枝雀(二代目)緊張の緩和理論と笑いの分類

笑いとは何か? 桂枝雀が語る『笑いの分類』上岡龍太郎との対談 大変貴重な動画です …

桂枝雀(二代目)親子茶屋(夜桜)

親子茶屋(おやこぢゃや)は古典落語の演目の一つ。 上方落語の演目である。『滑稽噺 …

■桂枝雀(二代目)かぜうどん(風邪うどん)

あらすじ 屋台のうどん屋が、いろいろと酔っぱらいにからまれ、好き勝手言って水だけ …

■桂枝雀(二代目)牛の丸薬

大和炬燵(こたつ=土製の小型の四角いあんか)の古くなったのをいじっているうちに、 …

桂枝雀(二代目)煮売屋

■桂枝雀(二代目)春風屋

年が明けてめでたいことじゃ。こんな時には酒に限る。ちらちら降り出したな、雪見酒。 …

■桂枝雀(二代目)延陽伯(たらちね)

あらすじ 長屋の世話好きな大家さんが、店子の八つあん(八五郎)に嫁の話をもちかけ …

桂枝雀(二代目)九日目

あらすじ あちらこちらに声をかけ「何か手伝いは?」用事を言い付かってその日を暮ら …

桂枝雀(二代目)スビバセンおじさん

ショートショートで、おじさんへの質問とその答えでなる。 おじさんは雲を食べるとい …

■桂枝雀(二代目)胴乱の幸助(どうらんの幸助)

胴乱の幸助(どうらんのこうすけ)は上方落語の演目の一つ。 浄瑠璃(義太夫節)の素 …

桂枝雀(二代目)権兵衛狸

あらすじ 王子の在に権兵衛さんという独り者が住んでいた。 近所の若者が権兵衛さん …

■桂枝雀(二代目)阿弥陀池(新聞記事)

『新聞記事』(しんぶんきじ)・『阿弥陀池』(あみだいけ・あみだがいけ)は古典落語 …

■桂枝雀(二代目)不動坊

不動坊(ふどうぼう)は古典落語の演目。元々は上方落語の演目の一つで、東京にも移植 …

■桂枝雀(二代目)茶漬えんま

  え~、一席聞ぃていただきますが「茶漬けえんま」といぅお噺で、新作なんです。今 …

■桂枝雀(二代目)池田の猪買い(いけだのししかい)

  池田の猪買い(いけだのししかい)は上方落語の演目で、北の旅噺の一つ。初代露の …

■桂枝雀(二代目)鷺とり(鷺取り)

  鷺とり(さぎとり)は、古典落語の演目の一つ。原話は、寛政3年(1791年)に …

桂枝雀(二代目)産湯狐

  しばらくのあいだ、お付き合いを願うのであります。「狐・狸は人を化かす」といぅ …

桂枝雀(二代目)鉄砲勇助(嘘つき村)

  『鉄砲勇助』は1773年(安永2年)に刊行された笑話本『口拍子』の一編「角力 …

桂枝雀(二代目)つる

  つるは落語の演目の一つ。古典落語。元は「絵根問」という噺の最後の部分だったが …

■桂枝雀(二代目)幽霊の辻

幽霊の辻(ゆうれんのつじ)は、上方落語の演目の一つ。落語作家の小佐田定雄が197 …

■桂枝雀(二代目)天神山

あらすじ ヘンチキの源助という変わり者。 オマル弁当にしびん酒で花見に出かける。 …

■桂枝雀(二代目)鴻池の犬

  鴻池の犬(こうのいけのいぬ)は上方落語の演目の一つ。 あらすじ 商家の軒先に …

■桂枝雀(二代目)饅頭こわい(まんじゅうこわい)

  まんじゅうこわい(饅頭こわい)は、落語の演目の一つ。落語の中では「寿限無」や …

桂枝雀(二代目)こぶ弁慶

  『こぶ弁慶』(こぶべんけい)は上方落語の演目の一つ。『大津の宿瘤弁慶』とも。 …

桂枝雀(二代目)植木屋娘

  あらすじ お金持ちの植木屋さん夫婦には一人娘がありました。みつという娘は年頃 …

■桂枝雀(二代目)口入屋

  口入屋(くちいれや)は、上方落語の演目の一つ。東京でも「引越の夢」という題で …