【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

「 ◎創作・新作落語 」 一覧

三遊亭白鳥hakutyou

■三遊亭白鳥 新婚妄想曲

富山県の漁業の町。高校時代、町のアイドルだった「みなみちゃん」が、東京から故郷の …

三遊亭白鳥hakutyou

三遊亭白鳥 サーカス小象

三遊亭白鳥hakutyou

三遊亭白鳥 明日に向かって開け

丸の内にある、大銀行の金庫に泥棒が入る。泥棒には相棒がおり、かつてこの銀行に勤め …

桂文治(九代目)bunji

桂文治(九代目) 小粒

ある小さい男が大きくなりたい一心で芝山の仁王尊に願掛けに行く。 すると、仁王さま …

桂文楽(八代目)katurabunraku

■桂文楽(八代目) かんしゃく

『かんしゃく』は落語の演目。 三井財閥の一族で実業家・劇作家の益田太郎冠者が初代 …

桂米丸yonemaru

桂米丸(四代目) タクシー時代

桂米丸yonemaru

桂米丸(四代目) もらい風呂

桂文治(九代目)bunji

桂文治(九代目) 俳優の命日(今戸焼改作)

林家彦いちhayasiyahikoiti

林家彦いち みんな知っている

妻があわてている。聞けば昼間掃除をしていたら、息子のベッドの下からエロ本が出てき …

古今亭今輔-(五代目)kokonteiimasuke

古今亭今輔 (五代目) ラーメン屋

ラーメン屋 あらすじ 夜ふけの街角に屋台のラーメン屋。老夫婦二人で切り盛りしてい …

三遊亭右女助(三代目)umesuke

三遊亭右女助(三代目)ユーレイ自動車

3代目三遊亭右女助自作の新作落語。 4代目柳亭痴楽の幽霊タクシー(幽霊自動車)と …

桂米丸yonemaru

桂米丸(四代目) 杖

杖を買おうとした男性がどれを買おうか迷っている。最後の1本だという色の杖を別の客 …

三遊亭右女助(三代目)umesuke

三遊亭右女助(三代目) 出札口(しゅっさつぐち)

出札口(しゅっさつぐち)は、3代目三遊亭右女助自作による新作落語。 ほとんどが道 …

桂雀々katurajyakujayaku

桂雀々 遺言

桂三枝sansibunsi

桂文枝(六代目) 商活・栄町商店街野球部(桂三枝)

桂三枝sansibunsi

桂文枝(六代目) 我慢の限界(桂三枝)

桂三枝sansibunsi

桂文枝(六代目) アイドルは早起き(桂三枝)

桂三枝sansibunsi

■桂文枝(六代目) 誕生日(桂三枝)

2005年8月作品

桂三枝sansibunsi

桂文枝(六代目) 野球の夜明け(桂三枝)

桂三枝sansibunsi

桂文枝(六代目) 温泉旅館望洋楼一泊(桂三枝)

柳家つばめ(五代目)yanagiyatubame

柳家つばめ(五代目) 古今亭志ん生伝

プロフィール 1952年4月 – 5代目柳家小さんに入門し、小伸を名 …

柳家つばめ(五代目)yanagiyatubame

柳家つばめ(五代目) 笑いの研究

プロフィール 5代目柳家 つばめ(やなぎや つばめ、1928年(昭和3年)4月3 …

桂三枝sansibunsi

桂文枝(六代目) 家族の絆(桂三枝)

桂三枝sansibunsi

桂文枝(六代目) 猫すねちゃった(桂三枝)

柳家喬太郎kyoutarou

柳家喬太郎 路地裏の伝説

同級生が集まり子供のころを振り返っていろいろな都市伝説の話で盛り上がる。 なんち …

桂三枝sansibunsi

桂文枝(六代目) 手紙(桂三枝)

桂三枝sansibunsi

桂文枝(六代目) 合格祈願(桂三枝)

桂三枝sansibunsi

桂文枝(六代目) ピッカピカの一年生(桂三枝)

桂三枝sansibunsi

桂文枝(六代目) 親父の演歌(桂三枝)

桂三木助(三代目)mikisuke

桂三木助(三代目) ねずみ

落語「ねずみ」 江戸に下り、大工、政五郎の家に居候していた左甚五郎が、奥州の旅に …