【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓楽(五代目)たがや

      2019/10/29

Sponsored Link

あらすじ

花火客でごった返す川開きの両国橋を通りかかった「たがや」(桶屋)が、人込みに押されて道具箱を落としたとたん、輪になっていたタガ(竹の輪)が弾けた勢いで、近くの馬上の殿様の笠を飛ばしてしまった。
「とんだ粗相を申し訳ありません」と平謝り。
「勘弁ならん」と殿様が馬の上で怒る。
「家で、身体の不自由な二親が待ってます」
「くどい」「これだけ謝っても許さねえってんなら、どっからでも切りやがれ、丸太ん棒め、二本差しが怖くて焼き豆腐が食えるか」
馬上の殿様が「無礼者、切り捨てろ」と、家来が刀を抜くと、体をかわして腕に噛みつき、落とした刀を拾って逆に家来を切った。
民衆が草履や下駄を殿様に投げつける。
馬から降りた殿様が槍を構えて睨み合い。
突かれた槍をたがやが片手で掴み、持った刀で槍の穂先を切り落とした。そのまま横に払って、殿様の首が空中にスパーンと上がると、見物一同、
「たぁがや~」
※『落語400文字ストーリー』より引用
http://mengjian.blog104.fc2.com/

Sponsored Link

 - 三遊亭圓楽(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓楽(五代目)悋気の火の玉

花川戸に橘屋さんという鼻緒問屋があった。ご主人が堅い人で女遊びをしたことが無いと …

三遊亭圓楽(五代目)芝浜

プロフィール 5代目三遊亭 圓楽(さんゆうてい えんらく、1932年12月29日 …

■三遊亭圓楽(五代目) 阿武松(おうのまつ)

あらすじ 京橋観世新道に住む武隈文右衛門という幕内関取の所に、名主の紹介状を持っ …

■三遊亭圓楽(五代目)花見の仇討
■三遊亭圓楽(五代目)垂乳女たらちね(延陽伯)

たらちねは江戸落語の演目の一つである。漢字表記は『垂乳女』。 上方落語で『延陽伯 …

三遊亭圓楽(五代目)宮戸川 (お花半七馴れ初め)

解説 宮戸川という川は、現在の隅田川の一部に相当する。 隅田川の浅草周辺流域が、 …

三遊亭圓楽(五代目) 五目講釈(鮫講釈)
三遊亭圓楽(五代目)町内の若い衆

  あらすじ 大工の八五郎が御店(おたな)の家のそばを通りかかったので …

三遊亭圓楽(五代目) 浜野矩隨(はまののりゆき)

あらすじ 江戸は寛政年間、浜野矩康(のりやす)という腰元彫りの名人がいた。 その …

【リレー落語】三遊亭圓楽~立川談志【お化け長屋】