【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家小三治(十代目)高砂や

   

Sponsored Link

かつては8代目春風亭柳枝や、6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治が十八番にしている。

Sponsored Link

あらすじ

伊勢屋の仲人をすることになった熊さんが、ご隠居さんから仲人の手引きを教わっている。
お開きの段になって、高砂やを歌うんだよ。
上手かないけど私がちょっとやってみせよう。
白扇を持って、目八分というから鴨居の当たりを見て【たぁかぁさぁごぉやぁー】という具合だ、さあやってみろ。
やってみよう【たぁかぁさぁごぉやぁー】それじゃ都々逸だよ、豆腐屋の売声をまねてご覧。
それなら出来る。
【とぉうぅふぃ、たぁかぁさぁごぉやぁ】
なかなかいいよ、後の方は先方の親戚の方が引き受けて下さるから大丈夫だ。
さて、いざ本番でも
【とぉうぅふぃ】
と始まり
【このうらぶねにほをあげて】
まで歌って、続きは親戚の方にお願いします。
親戚筋は不調法でして続けてお願いします。
それは話が違うと逃げようとするが、続きを続きをと追い詰められ
【たかさごやぁ、たすけぶねぇ】

 

Sponsored Link

 - 柳家小三治(十代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家小三治(十代目)時そば(時蕎麦)

あらすじ 江戸時代の時刻は、一時とか五時とか言わずに、四つとか六つなどと呼んでい …

■柳家小三治(十代目) 三軒長屋
■【リレー落語】蒟蒻問答 柳家小さん・立川談志・柳家小三治【三人落語】

昭和41年(1966)年 柳家小さん(51歳) 立川談志(30歳) 柳家さん治( …

■柳家小三治(十代目)お茶汲み

吉原の安大国(やすだいこく)という店に初会で上がった男を見た田毎(たごと)という …

■柳家小三治(十代目) 長者番付(うんつく酒)

あらすじ 江戸から遊山旅に出た二人連れ、村の茶店で飲んだ酒が、村を出ると酔いが醒 …

■柳家小三治(十代目) 蛙茶番(かわずちゃばん)

蛙茶番(かわずちゃばん)は、古典落語の演目の一つ。元々、『五段目』という長編落語 …

柳家小三治(十代目)湯屋番

湯屋番は、江戸時代から続く古い話で、明治の大看板、初代三遊亭圓遊が得意としていた …

柳家小三治(十代目)死神
■柳家小三治(十代目)ろくろ首(ろくろっ首)

あらすじ 与太郎が二十六歳になり、嫁が欲しいと相談を受けた叔父さんは、お屋敷のお …

柳家小三治(十代目)道具屋

あらすじ 神田三河町の大家・杢兵衛の甥の与太郎。 三十六にもなるが頭は少し鯉のぼ …