【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 田能久(たのきゅう)

   

Sponsored Link

阿波の国、徳島の在に田能村、ここにお百姓の久兵衛さんと言う、この方が誠に親孝行で、一人のおっかさんを大事にいたします。この人は道楽がありまして、芝居をいたします。

ところが大変に上手いので、おいおい弟子も増えまして、田能村の久兵衛ですから、田能久(たのきゅう)一座てぇものをこしら、あちらこちらと頼まれて行きます。

と、伊予の宇和島と言う所から、頼みにまいりました。宇和島へ乗り込んで、ちょうど四日目の日に、国から手紙が来て、おっかさんが大病で、すぐに帰ってもらいたいと言う。

親孝行な人ですから、後々の事は弟子に頼んで、自分の大事にいたしますカツラを三つ四つ、つづらに入れまして、これを風呂敷で結わいて、これから国へ帰ろうと言う。

途中に保坂峠と言う峠へかかろうとする、雨がバラバラ降り出して、杣(そま=きこり)の人が下りて来て。『この山は、夜、無事に越えた者はねぇ。』と親切に言われたが、おっかさんの病気が気にかかるので、いそいでここを越えてしまおうと、だんだん山へ登って来る。

雨はひどくなりまして、頂上へ来た時には、盆を返した様。見回すと、杣の連中が建てた掘立小屋がある。その中へ入り込んで、たき火をして濡れた物を乾かしている内に眠気を催して来たので、そばにあったムシロを被って、ぐっすりと寝込む。

ふと目を覚ますと、歳は八十以上にもなろうかと言う、お爺さんがこっちをにらんでいる。気味が悪いので寝たふりをしていると……
[出典:3分で読める!「落語に見るオモシロ江戸風俗」:http://archives.mag2.com/0000107654/20160816182000000.html]

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 ろくろ首(ろくろっ首)

ろくろ首(ろくろくび)は、古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の演目で、幕末か …

立川談志/十徳

あらすじ 御隠居が着ている服の名前は十徳だと教えて貰った。 その名の由来を聞くと …

立川談志 洒落小町

★聴き比べ ⇒ 三遊亭圓生(六代目)洒落小町 あらすじ ガチャガチャお松が、亭主 …

立川談志/宮戸川(お花半七馴れ初め)

 

■立川談志 ずっこけ

あらすじ 飲み屋が店をしまう時間なのに、熊さんは酔っ払って動こうとしない。 店の …

■立川談志/紙入れ
立川談志 権助提灯
立川談志 淀五郎

あらすじ どの社会でも頭抜けるというのは容易な事ではありません。 四代目市川団蔵 …

立川談志 慶安太平記~箱根越え
■立川談志/幽女買い

  あらすじ 急に暗いような明るいような変なところに来てしまった太助、 …