【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)田能久(たのきゅう)

      2016/08/18

Sponsored Link

六代目三遊亭円生の噺、「田能久」(たのきゅう)より

阿波(あわ)の国、徳島の在・田能村のお百姓の久兵衛さん。生活に困るようなこともなく、道楽で芝居をしていたが、役者として上手かった。仲間というか弟子も増えて、『田能久一座』を結成し、本業を放って巡業をしていた。

人気が高じて伊予(いよ)の宇和島から依頼が来たので出かけ、これが大好評で連日大入り満員。

丁度四日目、国元から緊急の知らせでおふくろが急病とのこと。親孝行な人で芝居に手が付きませんで、後を仲間に頼んで、カツラや衣装を纏めて帰り道を急いだ。

途中、法華津(ほけつ)峠を越え、鳥坂(とさか)峠に差しかかると、雨が降ってきて、村の人達が山から下りてきた。

「この山は化け物が出て、誰一人無事に下りた者は居ないから、今晩はここで泊まると良い」と注意を受けたが、母親が心配で、さしたる事は無いだろうと山に入って行った。

だんだんと雨脚が強くなってきた。峠に差しかかると凄まじい雨で 途方にくれていると、村人が使うであろう小屋があったので、中に入り囲炉裏に薪をくべて暖を取り、濡れた物を乾かした。

眠気が襲ってきたので、ぐっすりと寝込み、寒い風を感じ目を覚ましたら、火も消えて、小屋の隅に八十を越えた老人が立っていた。

その老人は真っ白い頭に、真っ白なヒゲで、白い衣装に一本歯の下駄を履いている。

こっちに近づいて来たので、寝たふりをしていると、

「オイオイ、目を開けてイビキをかく奴があるか」

「スイマセン、貴方のお小屋とは存じませんで、無断で拝借しておりました」

「小屋のことはとやかく言わない。よく来たな。久しくやらないので、味を忘れかけていた。早く支度をしろ。わしはこの山に古くから住まっている”ウワバミ”だ。山に入るとき村人から注意されただろう。それ以来人間を呑めなくなった。お前の寿命だ、観念しろ」

「母親が病気で心配で、看病に戻ります。全快したら戻ってきます、それまで許してください」

「ダメだ。いったいお前は何処の者だ。震えないでしっかり言え。『阿波国徳島の在?、田能村のたのきゅう?何だタヌキか。獣は吞まなくて人間しか吞まない。喜んで出て来たのにタヌキか」

「どうぞお助けください」、「頼まれてもタヌキは吞まない。阿波の徳島は狸の本場と聞いたが、タヌキ寝入り以外に化けられるだろう。狐七化けタヌキ八化けという。俺の前で化けてみろ」

「(島田のカツラを被って)どうですか?」

「上手いものだな。女性になった」

「次はこれでどうですか?」

「坊さんに化けたか」

「(百日カツラを被って)石川五右衛門で……」

「もう良い、元の姿に戻れ。さすがタヌキだな。俺なんか、化けてもこれが精一杯だ。以前はこの格好で村に下りて子供を吞んだが、姿を覚えられて鉄砲を向けられる始末、丁度良い、化け方を教えて欲しい。この先二本松があり、その先の穴が俺の住まいだ。訪ねてきたときに……、好きな物で歓待、と言うより嫌いなものを聞いておこう。恐いものでも良い」

「私は……、一番恐いと言えば……お金でしょうね。金が仇の世の中だから、金がいちばん怖い」

と、出任せを言った。

「俺も嫌いなモノは、煙草のヤニだな。あれが体につくと、肉から骨まで腐ってしまう。それから柿渋だ。アレが付くと身体がすくんで動けなくなる。お前の嫌いなモノも聞いた、俺の嫌いなモノも言った。決して他の者には喋るなよ」

外は白んできて、老人は姿がかき消えていなくなっていた。急いで山を下りると村人に出合った。

「どうしたんだ」

村人に久兵衛さん、今までの事を漏らさず全部しゃっべってしまった。

「早く帰って、おっ母さんの面倒を見なさい」。

こちらは村人、ウワバミ退治だと、煙草のヤニと柿渋を二ヶ月のうちに四斗樽に二杯も集めた。

これをカクテルにして混ぜ合わせ、山に入り大蛇に毒薬のヤニと柿渋をぶっかけると、大蛇は悲鳴をあげて退散した。

「俺の嫌いなモノを知っているのは、あのタヌキだけだ。あれだけ約束したのに……」

ウワバミは印を結んで雨を降らせ、自分の巣に戻ると焼き討ちになって入れず、山から退散した。

こちらは久兵衛さん、おっ母さんの病気も大したことなく、安心して床に付くと、激しく戸を叩く者が居る。

恐る恐る開けると、鳥坂峠で出合った老人が、顔を血だらけにして立っていた。

さも恨めしそうに

「俺の嫌いなモノを喋ったな。お前以外に知っている者は居ない。俺は死ぬ身だ、俺と同じような苦しみを味わえ」

と、大きな箱を土間にデン~と放り投げて姿を消した。

その箱を開けてみると、金が一万両入っていた。

[出典:落語の舞台を歩く:http://rakugonobutai.web.fc2.com/134tanokyuu/tanokyuu.html]

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目) おさん茂兵衛

深川やぐら下は花柳界でも非常に勢いがあった。 そこから縮緬浴衣の揃いを深川仲町呉 …

■三遊亭圓生(六代目) なめる

なめるは、落語の演目の一つ。『今昔物語集』に原型がある艶笑噺。 別題は『重ね菊』 …

三遊亭圓生(六代目) 位牌屋

三遊亭圓生(六代目) 位牌屋

三遊亭圓生(六代目)水神

水神は、1963年(昭和38)劇作家・作詞家:菊田一夫が六代目三遊亭圓生のために …

三遊亭圓生(六代目)掛取万歳(かけとりまんざい)

借金をかかえて困り果てた八五郎夫婦。「掛け取り」を追い払うために知恵をしぼった末 …

三遊亭圓生(六代目) 小判一両

これは江戸の中頃のお話しでございますが、今戸八幡様の鳥居前に茶店がございまして、 …

■三遊亭圓生(六代目) 雁風呂

水戸黄門様がわずか3人の供を連れて東海道を江戸から上ってきた。遠州掛川に着いた時 …

三遊亭圓生(六代目)中村仲蔵

あらすじ 出し物「仮名手本忠臣蔵」という狂言が決まり、座頭と立作者が当時は役を決 …

三遊亭圓生(六代目)浮世床

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京で …

三遊亭圓生(六代目)夏の医者

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、明和2年(176 …