【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)たぬき(狸の札~狸の鯉)

   

Sponsored Link

★聴き比べ ⇒ http://rakugo-channel.tsuvasa.com/tag/たぬき

『狸』という題は、狸が恩返しをする噺の総称で、
『狸の釜』『狸の鯉』『狸の札』『狸賽』などがこれに入る。
最近は『狸賽』が独立して、『狸の釜』が演じられなくなったので、『狸の札』から『狸の鯉』へつなげることが多い。

あらすじ
助けてやった狸が礼に来る。何にでも化けて恩返しをしますというので、五円札に化けてもらい借金取りに払う。
札に化けた狸はがま口に入れられたので苦しくて堪らない。がま口を喰い破ってすぐに逃げ帰る。
「よく帰ってきたな」
「ついでに、がま口の中にあった五円札を二枚持ってきました」
…狸の札

今度は鯉に化けてもらって祝に持っていく。鯉に化けた狸は、まな板の上に載せられ料理されそうになったので、積んであった薪を伝わって窓から逃げた。
「鯉の薪(滝)登りでしょう」
…狸の鯉
[出典:志ん生全席 落語事典]

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)ぼんぼん唄
★古今亭志ん生(五代目)小間物屋小四郎(大岡政談より)

落語 「小間物屋小四郎」 古今亭志ん生 京橋五郎兵衛町の長屋に住む、背負い(行商 …

★古今亭志ん生(五代目)穴どろ・佃祭・犬の災難

穴どろ(あなどろ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、嘉永年間(1848年~185 …

★古今亭志ん生(五代目)江島屋騒動(えじまやそうどう)

落語 古今亭志ん生 江島屋騒動 上 落語 古今亭志ん生 江島屋騒動 下 あらすじ …

★古今亭志ん生(五代目)弥次郎(うそつき弥次郎)

上方落語の演目『鉄砲勇助(嘘つき村)』の前半部を独立させ、「安珍・清姫伝説」を下 …

古今亭志ん生(五代目)藁人形

あらすじ 神田龍閑町の糠屋の娘おくまは、ぐれて男と駆け落ちをし、上方に流れていっ …

★古今亭志ん生(五代目)鮑のし(あわびのし)

鮑のし(あわびのし)は、古典落語の演目の一つ。『鮑貝(あわびがい)』『祝いのし』 …

★古今亭志ん生(五代目)子別れ

子別れ(こわかれ)は古典落語の演目の一つ。 柳派の初代春風亭柳枝の創作落語で、3 …

★古今亭志ん生(五代目)道灌

道灌(どうかん)は、落語の演目の一つ。 初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年 …

★古今亭志ん生(五代目)五人廻し

関東の遊郭には「廻し」という制度がある。 一人の遊女が一度に複数の客の相手をする …