【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)たぬき(狸の札~狸の鯉)

   

Sponsored Link

★聴き比べ ⇒ http://rakugo-channel.tsuvasa.com/tag/たぬき

『狸』という題は、狸が恩返しをする噺の総称で、
『狸の釜』『狸の鯉』『狸の札』『狸賽』などがこれに入る。
最近は『狸賽』が独立して、『狸の釜』が演じられなくなったので、『狸の札』から『狸の鯉』へつなげることが多い。

あらすじ
助けてやった狸が礼に来る。何にでも化けて恩返しをしますというので、五円札に化けてもらい借金取りに払う。
札に化けた狸はがま口に入れられたので苦しくて堪らない。がま口を喰い破ってすぐに逃げ帰る。
「よく帰ってきたな」
「ついでに、がま口の中にあった五円札を二枚持ってきました」
…狸の札

今度は鯉に化けてもらって祝に持っていく。鯉に化けた狸は、まな板の上に載せられ料理されそうになったので、積んであった薪を伝わって窓から逃げた。
「鯉の薪(滝)登りでしょう」
…狸の鯉
[出典:志ん生全席 落語事典]

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目) しじみ売り(蜆売り)
古今亭志ん生(五代目) 水屋の富

水屋の富(みずやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、文政10年(1813年 …

古今亭志ん生(五代目) 貧乏自慢
古今亭志ん生(五代目)らくだ(長尺50分)
古今亭志ん生(五代目) 安中草三牢破り

柳生流奥義の伝書を持つ恒川半三郎と、その剣の弟子で家臣の草三郎(安中草三)。 二 …

古今亭志ん生(五代目)稽古屋

稽古屋(けいこや)は落語の演目の一つ。上方、東京とも同じ題である。 初代桂小文治 …

古今亭志ん生(五代目)亭主関白(別題:替わり目/元帳)

別題:替わり目/元帳 SP盤歴史的音源 もとは『替わり目』というサゲからつけた題 …

古今亭志ん生(五代目) 業平文治(なりひらぶんじ)

あらすじ 寛永の頃に本所の業平村に浪島文治郎という人がいた。 この人の父親は堀丹 …

古今亭志ん生(五代目)千両みかん(千両蜜柑)

千両蜜柑(せんりょうみかん)は、古典落語の演目。 原話は、明和9年(1772年) …

【親子リレー落語】 古今亭志ん生・志ん朝・金原亭馬生【富久】

【親子リレー落語】古今亭志ん生・古今亭志ん朝・金原亭馬生【富久】 親子三人による …