【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂枝雀(二代目)延陽伯(たらちね)

      2019/05/21

Sponsored Link

あらすじ

長屋の世話好きな大家さんが、店子の八つあん(八五郎)に嫁の話をもちかける。
「おまえはこの長屋で一番若いし、ひとり者も二,三人いる。ものがきちょうめんで、ひとに満足にあいさつもできないような人間だけれども、まことに竹をわったような、さっくりとした気質。そのおまえに耳よりのはなしがあるんだよ。
それ、この夏だっけな、家の前へ涼み台がおいてあったら、そこへおまえが湯の帰りに寄って腰をかけた、そのときにいた女をおぼえているかい?
もっともうす暗かったからねぇ。
その女は年は二五。器量は十人なみ以上の色白、小柄ないい女なんだよ。生まれは京都、両親はとうのむかしに亡くなってしまった。長いあいだ、一人っきりで京都の屋敷奉公。嫁にいったさきに、舅や小姑があって、いつまでもきゅうくつなおもいをするのはいやだ。気楽にさえ暮らせるなら、ああいうさっくりした親切そうなかたのところへ嫁にゆきたいとこういうんだが、どうだ、おまえ、もらう気はあるかい?
ただ、ちょっと……まあ、いわばきずがあるんだ。」

「そうでしょう。どうもはなしがうますぎるとおもった。……そんないいことづくめの女が、あっしのような者のところへくるはずがありませんもの……きずっていうと、横っ腹にひびがはいってて、水がもるとかなんかいうんですかい?」
「それは壊れた土瓶だ。そうじゃないよ。もとが京都のお屋敷者だろ、だから、言葉が丁寧すぎるんだ」
「いや、この間風の吹く日(し)に往来で会ってな、向うで言ったことが分からなかった」
「なんて言ったんです」
「今朝(こんちょう)は怒風(どふう)激しゅうして、小砂眼入すというんだ」
「へえー、たいしたことをいうもんですねえ。でも分からねえ」
「分からないで感心するやつがあるか。くやしいから道具屋の店先にたんすと屏風が置いてあったから、それをひっくり返して『いかにもすたん、ぶびょうでございます』っていってやったよ。……で、どうだね?」
「言葉が丁寧すぎる?いいじゃありませんか。乱暴なら傷だけど、そりゃ結構なことだ。まぁ、大家さんの世話だから、仕方ねぇや。いつくれるんっすか?」
お前も掃除して湯と床屋行って、ちゃんと用意して待ってろ。夕方には連れてくるから。
「思い立ったが吉日」とばかり今晩ということになりました。

「へへへ、ありがてぇ、ありがてぇ……あんなでこぼこ大家でも、おれに女房を世話してくれるんだから。おれなんざ、カカァなんか来ねぇと思ってたよ。金はねぇし、男前でもねぇし、稼ぎはねぇし、こういうところへくる女がいようとは思わなかったねぇ。ぞんざいなあっしとつれそってりゃ、どんな丁寧なものでも、じきにぞんざいになっちまうよ……」
早速八つあんは、まだ見ぬ嫁さんとめしを食うことまで思い浮かべ、一人にやにや。

「飯を食うのが楽しみだよ。『八寸を四寸ずつ食う仲のよさ』てなぁ。
お膳を真ん中に置いて、カカァが向こう側にいて、おれがこっち側……。おれの茶碗は、ばかにでっけえ五郎八茶碗(どんぶり茶碗)てえやつだ。そいつをふてえ木の箸で、ざっくざっくとかっこむよ。たくあんのこうこをいせいよくばありばりとかじるよ……・・
カカァはちがうよ。朝顔なりの薄手のちっちゃな茶碗で、銀の箸だから、ちんちろりんとくるね。きれいな白い前歯でもって、たくあんをぽりぽりとくらあ。ぽりぽりのさーくさく……さ。ふふふふ……
おれのほうは、ざーくざくのばーりばり。カカァのほうは、ぽーりぽりのさくさく、箸が茶碗にぶつかって、ちんちろりんの間(あい)の手がはいるよ。ちんちろりんのぽーりぽりのさーくさく……ばーりばりのざーくざく……ちんちろりんのぽーりぽりばーりばりのざっくざく……ちんちろりんのさーくさく……ばーりばりのざーくざく……」
「うるさいねぇ。この人は……八つあん、なにいってるんだい?」
長屋の壁は薄いから筒抜けだ。
「あっ聞えちまったかい。稽古してるんだよ、めしを食う……しかし、ありがてぇな」
そうこうしているうち、大家さんが嫁さんを連れて、直ぐに帰ってしまいました。
まぁ、なんとあっけないことでしょう。早くも二人っきりになりました。

「あ、いけねぇ……大家にお前さんの名前、聞くの忘れちゃったよ。
いま帰った大家は清兵衛ってぇんですよ…… あっしの名前は八五郎ってんですが、あなたの名前をどうかお聞かせねがいたいんで……」
「父はもと京都の産にして、姓は安藤、名は慶三。あだ名を五光。母は千代女と申せしが、三十三歳の折、ある夜、丹頂の夢をみてはらめるが故に、たらちねの体内をいでしときは、鶴女と申せしが、成長の後これを改め「清女」と申しはべるなり。」
「へぇー。どうもおどろいたなあ。たいへんに長え名前だねえ。これへひとつ書いておくんなせえ。あっしゃあ、職人のことで難しい字が読めねえから、仮名でひとつおたのみ申します。」

やがて長い夜が明けました。
夫に寝顔を見せるのは妻の恥とばかりに早起きして朝ご飯の支度にかかります。
勝手が分からないので、例の丁寧な言葉使いで、やってきた振り売りの商人を
「そこなおのこ、そこへ直りゃ」と呼び止め、「価幾ばくなりや」などと混乱させてしまいます。
「あ~ら、我がきみ、あ~ら、我がきみ 」
「……また、なんか用ですかィ……ああ、眠い……その「我がきみ」ってぇのだけは、頼むからやめてくんねぇ……『我がきみの八』てあだ名がついちまうから」
「一文字草、価三十二文なり」
「ああ、銭かい? その火鉢の引き出しにあるから、だして勝手に使いねぇ。
いちいち聞かねぇでもかまわねぇんだから……すまねぇ、もうちょっと寝かしてくんねぇ…… 」
すっかり朝ご飯の支度が出来上がりますと、またぴたりと三つ指ついて、
「あ~ら、我がきみ、あ~ら、我がきみ」
「……また始まった……これじゃ眠れやしねぇや……
なんです、なんべんもなんべんも「我がきみ、我がきみ」って、今度は何の用です? 」
「あぁ~ら我がきみ、もはや日も東天に出現ましまさば、御衣になって、うがい・ 手洗に身をきよめ、神前仏前に御灯(みあかし)をささげられ、看経ののち御膳を召し上がってしかるべく存じたてまつる。恐惶謹言(きょうこうきんげん)。」
「お、おい、脅かしちゃいけねぇよ……飯を食うのが『恐惶謹言』なら、酒を呑むのは『依ってくだんのごとし』か 」

*出典:『古典落語(上)』(興津要編 講談社文庫)

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂枝雀(二代目)春風屋

年が明けてめでたいことじゃ。こんな時には酒に限る。ちらちら降り出したな、雪見酒。 …

■桂枝雀(二代目)鷺とり(鷺取り)

  鷺とり(さぎとり)は、古典落語の演目の一つ。原話は、寛政3年(1791年)に …

桂枝雀(二代目)猫

あらすじ わたしは猫です。 名前を五郎といい、っちゅうか、今の飼い主の付けた名が …

■桂枝雀(二代目)緊張の緩和理論と笑いの分類

笑いとは何か? 桂枝雀が語る『笑いの分類』上岡龍太郎との対談 大変貴重な動画です …

桂枝雀(二代目)義眼
桂枝雀(二代目)胴斬り

あらすじ 時は幕末。何かと言うと物騒な時代で、巷には辻斬りが横行したという。 あ …

桂枝雀(二代目)住吉駕籠(住吉駕篭)

  あらすじ 住吉街道で駕籠屋が茶店の前で客に声をかけているある駕籠屋、相棒は新 …

■桂枝雀(二代目)くしゃみ講釈(くっしゃみ講釈)

あらすじ 講釈師にあることで恨みを持った男が、相棒と相談してこの講釈師を困らせて …

■桂枝雀(二代目)天神山

あらすじ ヘンチキの源助という変わり者。 オマル弁当にしびん酒で花見に出かける。 …

桂枝雀(二代目)佐々木裁き(佐々木政談)

あらすじ 大坂西町奉行佐々木信濃守が市中の見回りをしていると、安綿橋橋詰の住友の …